⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年08月12日

ペルセウス座流星群今夜ピーク、今年は全国的に最高の観測条件

株式会社ウェザーニューズが、「ペルセウス座流星群」のライブ中継を、8月12日21〜24時に、全国11カ所から実施しまする。
同社の24時間生放送の天気番組「SOLiVE24」のほか、「ニコニコ生放送」「YouTube Live」「LINE LIVE」など、各種動画サイトで配信します。

コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン

ペルセウス座流星群は、毎年お盆の時期に出現する流星群で、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並び、三大流星群とされています。
国立天文台によれば、1時間あたり40個以上の流星を見ることができ、条件が良い時は、熟練した観測者であれば、80個以上を観測することができるといいます。

ピークとなる12日夜〜13日未明は、高気圧に覆われ、全国各地で晴れる見込みです。
ウェザーニューズによると、ペルセウス座は、21時ごろから北東の空に現れはじめ、深夜には空高くに昇るため、観測は、21時以降〜13日未明を推奨しています。
中でも、月が沈んで月明かりがなくなる12日24時ごろから13日未明にかけてがベストチャンスだとしています。
また、ペルセウス座は、放射点を中心に、四方八方に流れるため、周囲が開けた場所で観測することを勧めています。

当日、ゲリラ雷雨の影響がある地域では、遅い時間ほど、天気が回復して流星を見られるチャンスが増える見込みです。
ただし、北海道の太平洋側では、海から風が吹いて低い雲が広がりやすくなるため、早い時間ほど流星観測のチャンスがあります。

ウェザーニューズでは、アプリ「ウェザーニュースタッチ」の有料会員向け機能として「流星キャッチャー」を提供しています。
流星が観測されると、3分以内に、動画を編集してスマートフォンにプッシュ通知で知らせます。
「星空Ch.」で登録を受け付けています。

また、株式会社誠文堂新光社が発刊する雑誌「月刊天文ガイド」の編集部が、ニコニコ生放送でペルセウス流星群を生中継する「ニコニコ天体観測 ペルセウス座流星群2016を見よう」を、12日21時〜13日5時に実施します。
流星群や、流れ星にまつわるエピソードなども紹介します。

同社では、2020年までに見られる流星群について紹介した書籍「2015年〜2020年の流星群の見え方・楽しみ方がわかる 藤井 旭の流星群観察ガイド」も販売しています。
ペルセウス座流星群がいつごろどのように見えるのか、流星群を見るためにはどのように見たらよいかを紹介しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


今年も、この季節がやってきました。

冬場は、流星群が多いですが、夏場はほとんどこれしかないので、貴重な機会です。
寒さ対策をしなくても、うかつな格好で見に行けるというのは、ありがたいことです。

一番の見ごろは12日の夜ですが、ペルセウス座流星群は、前後数日間も観測チャンスがあるのが特徴なので、今夜を逃してしまった人は、明日再チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

藤井旭の流星群観察ガイド
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.