⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年09月15日

嵐のチケットを無許可で転売の女逮捕

北海道警札幌中央署は14日、アイドルグループ「嵐」のコンサートチケットを転売したとして、香川県善通寺市、ブリーダーの女(25)を、古物営業法違反(無許可営業)の疑いで逮捕しました。

Are You Happy? (初回限定盤+通常盤セット) [ 嵐 ]

女は2014年10月から今年4月までに、全国31都道府県の168人に、嵐などのコンサートチケット299枚を販売し、約1000万円の売り上げを得た疑いがあり、同署で余罪を調べます。

発表によると、女は、香川県公安委員会の許可を受けていないのに、15年11月から同年12月までに計4回、札幌市内の女性ら3人に対し、嵐のコンサートチケット5枚を、インターネットの転売サイトで、計7万円で売った疑いです。
女は、チケット交換サイトでコンサートチケットを入手、転売サイトに出品して高値で販売していたといいます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ついに逮捕者が出ました。
よく捕まえたものです。

チケットの転売行為は、嵐に限らず、社会的な問題になっています。
売れるから出品する人がいる、ということで、ファンの間では、「転売ヤー」からは買わないこと、という呼び掛けもありますが、抽選も一般販売もダメ、チケットを譲ってくれる友人のアテもない、自力ではどうにも入手できないといった状況で、金さえ払えば手に入ると言われれば、違法と分かっていても手を出したくなるのが、ファン心理というものでしょう。
違法チケットに手を出してしまうファンを、一概に責めるのは、ちょっと気の毒だなあと思ってしまいます。

ただ、誰かが違法出品のチケットを買うことはとめられなくても、違法出品を見かけたら即通報、という動きが活発化していることもあり、摘発が容易になったのかもしれません。

コンサート会場などでも、「XXX番のチケットは違法に転売されたものであることが発覚したため、該当のチケットでは、どなたも入場できません」という張り紙があり、実際にそのチケットを持っていた人が入場を断られて追い返されたという事例もあります。

チケットに購入者の氏名を印字したり、写真付きの証明書で本人確認をするなどの対策も行われています。

地道な活動を積み重ねることで、いずれは転売問題が解決すればいいのですが。

Power of the Paradise (通常盤) [ 嵐 ]
タグ:
10:33 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.