⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年11月22日

ポケGO東北復興支援イベントが地震受け終了

22日に発生した福島県沖の地震と津波の影響で、一時休止が告知されていた「Pokemon GO」(ポケモンGO)の復興支援イベントが、そのまま終了することが発表されました。

楽天市場の防災・災害グッズ特集はこちら

イベントは、岩手、宮城、福島県の沿岸部限定で、希少なポケモン「ラプラス」が大量に出現するというものです。
11日から23日まで実施する予定でしたが、地震発生直後に、ラプラスの出現を「状況が確認できるまで停止する」とアナウンスしていました。
福島県と宮城県に発表されていた津波警報は解除されましたが、「東北地方沿岸部の現時点の状況に鑑み」22日時点で終了することにしました。

気象庁によると、震源地は福島県沖で、震源の深さは約25キロ、マグニチュードは7.4と推定されています。
今回の地震は、2011年の東日本大震災の余震と見られており、「今後、1週間程度は同じ規模の地震が起きるおそれ」があると注意を促しています。
そうした中での、イベント終了の判断と思われます。

公式Twitterアカウントでは「皆様のご理解とご協力をお願いいたします。今後も引き続き東北復興のお手伝いを続けてまいります」とツイートしています。

岩手県、宮城県、福島県および熊本県は、ポケモンGOなどの位置情報ゲームと連携して、被災地域の観光復興を目指しています。
宮城県が12日に主催したポケモンGOの企画では、1万人を超える人々が参加しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


東日本大震災の復興支援イベントだったのに、よりによって、その余震に阻まれるとは、何とも口惜しくてたまりません。

ただ、現在、現地は混乱しているはずなので、こんな時に、ポケモン目当ての浮かれた観光客が大挙して訪れては、逆に復興作業の邪魔になってしまいます。
イベント中止は賢明な判断だとは思いますが、このイベントを実施するために、どれだけ多くの人が、企画や調整に走り回り、苦労して準備を進めていただろうことを思うと、本当に、どうしてこんなタイミングで余震なんか、と、憤りを感じます。

楽天市場で防災・災害グッズ特集を見てみる
20:03 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.