⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年01月05日

築地のマグロ初競りは7420万円、史上2番目の高値

移転が延期されている築地市場(東京都中央区)で5日早朝、水産物の初競りがありました。
生鮮本マグロ1本の最高値は、212キロの青森・大間産で、7420万円(1キロあたり35万円)でした。
記録が残る1999年以降では、2013年の1億5540万円に次ぐ、2番目の高値がつきました。

楽天市場のマグロランキングはこちら

「築地最後の初競り」となるはずだった、昨年の1400万円(1キロあたり7万円)を大きく上回る落札額です。
14年の736万円(同3万2000円)、15年の451万円(同2万5000円)からは、10〜16倍になりました。

落札したのは、築地に本社があるすしチェーン「すしざんまい」の経営会社で、最高値での落札は、6年連続です。
同社の木村清社長は「ちょっと高いなあ。競り合う相手がいなければ(1キロあたり)2万とか3万くらい。みんなで争って高くなった」と話しました。

築地市場は、昨年11月に、豊洲市場(東京都江東区)へ移転する予定でしたが、小池百合子知事が移転延期を決め、先行きは不透明なままです。
初競り前には、卸会社を代表して、大都魚類の青木信之社長があいさつし、「移転時期が確定せず、我々は混乱の渦中にある。新市場の安全安心が早く確立され、中ぶらりんの状態から一刻も早く脱却することを願う」と語りました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


移転問題で注目度があがり、競りに参加する人が増えて、値があがったということでしょうか。

すしざんまいの名前は、よくききます。
値段が高かろうが安かろうが、競争相手がいようがいまいが関係ない、とにかくうちが取る!という、確固たる信念を感じます。

楽天市場でマグロランキングを見てみる
11:17 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.