⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年01月06日

高齢者を75歳以上とする新定義を老年学会などが提案

日本老年学会などは5日、現代人は心身が若返っているとして、65歳以上とされる高齢者の定義を、75歳以上に引き上げるべきだとする提言を発表しました。

65〜74歳は、準備期間として、新たに「准高齢者」と区分するよう求めました。

楽天市場の福祉・介護特集はこちら

提言は、現代人は10〜20年前と比較し、加齢に伴う衰えが5〜10年遅く、「若返り」がみられると指摘しています。
65〜74歳では、活発に活動できる人が多数を占め、社会一般の意識としても、高齢者とすることに否定的な意見が強いとしました。

その上で、高齢者の年齢を75歳以上に引き上げ、65〜74歳は、就労やボランティア活動ができるよう後押しし、「社会の支え手」として捉え直すべきだとしました。
一方で、年金受給年齢などに反映させることには、慎重な態度を示しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


近頃のお年寄りは、本当に元気です。
だからなのかどうかは分かりませんが、ご本人たちも、「お年寄り」扱いされるのを嫌がる人もいます。
私の父も、高齢者とされる年齢ですが、電車に乗っていたら、外国人観光客に席を譲られ、そんなにヨボヨボの老人に見えたのかと、ショックを受けていました。
ちなみに、父は、電車に乗ると、疲れるからと、なるべく座席に座りたがるのですが、シルバーシートには、頑なに座ろうとしません。
そんなわけですので、高齢者の年齢は、引き上げてもいいのかなと思います。
ただ、政府には、年金受給年齢を引き上げたいという思惑があるはずなので、そこは本当に慎重にやらないといけません。

楽天市場で福祉・介護特集を見てみる
タグ:高齢者
04:48 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.