⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年01月10日

アトピーかゆみ引き起こすたんぱく質発見

アトピー性皮膚炎でかゆみを引き起こす物質の一つ「インターロイキン31(IL―31)」の生成に重要な役割を果たすたんぱく質を発見したと、九州大生体防御医学研究所の福井宣規主幹教授らが、10日までに発表しました。
論文は、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載されました。

このたんぱく質「EPAS1」の働きを抑える物質を見つければ、新たな治療薬になるといいます。

アトピーを自力で治す最強事典

かゆみの原因物質は、ヒスタミンがよく知られ、アトピー性皮膚炎のほか、じんましんや花粉症などの治療に、抗ヒスタミン剤が使われます。
しかし、アトピー性皮膚炎の場合は、IL―31などの原因物質もあるため、別の治療薬が望まれます。 

ヒスタミンは、皮膚や鼻の粘膜などにあるマスト細胞(肥満細胞)から放出されますが、IL―31は、リンパ球の一種のヘルパーT細胞で生み出されます。
福井主幹教授らは、マウスや患者のヘルパーT細胞で、IL―31の生成が、EPAS1によって誘導されることを発見しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


かゆみの原因物質が見つかっただけではダメです。
これの働きを抑える物質を見つけないと、新薬として恩恵にあずかることはできません。
とはいえ、大きな進歩であることには違いないので、今後の研究成果に、大いに期待したいと思います。

9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方
タグ:アトピー
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.