⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年02月14日

学習指導要領で「鎖国」消える

文部科学省が14日に公表した、次期学習指導要領の改定案では、小中学校の社会科で「鎖国」の表記をやめ、「幕府の対外政策」に改めます。
中学歴史でも、史料に忠実に、「聖徳太子」を「厩戸王(うまやどのおう)」に変えます。

出島ヒストリア鎖国の窓を開く [ 長崎文献社 ]

文科省によると、江戸幕府は、長崎で、オランダや中国との交易を許し、薩摩(鹿児島県)、対馬(長崎県)、松前(北海道)でも、外交と貿易が行われていました。
完全に国を閉ざしていたわけではないため、当時の実態に即して表記します。

「鎖国」は1801年、ドイツ人医師の著書の一部が和訳され、「鎖国論」と名づけられたことから広まったといい、文科省の担当者は「幕府の政策に関し、鎖国という言葉は使われていなかった」としています。
これに対し、「開国」という語は、欧米諸国との関係を表す際に使われていたため、現状のまま残します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


子供の頃は、私も純粋だったものですから、学校で習うことは、絶対に正しいことだと信じておりました。
というより、疑うということすら、考えもしませんでした。
そこで、鎖国がどうこう・・・と言われて慣れ親しんでいたものが、当時、そんな言葉は使われていませんでしたということで、撤廃されてしまうというのは、釈然としないというか、違和感があるというか。

「聖徳太子」も廃止ですか。
将来的には、聖徳太子という呼び名を知らない子も出てくるのでしょう。
「ショウトクタイシ?誰それ?ああ、厩戸王が、昔はそんな名前で呼ばれてたんだっけ?これだから年寄りは困るんだよね」とか言われて、生暖かい目で見られてしまうのでしょうか。

なお、今回の学習指導要領改訂では、他にも、英語学習の開始を小3に前倒しし、5、6年では、教科に格上げします。
また、小学校でプログラミング教育を必修化します。
竹島(島根県)、尖閣諸島(沖縄県)が、「我が国固有の領土」として、初めて明記されたことも、注目されています。

逆説の日本史2 古代怨霊編/聖徳太子の称号の謎
23:27 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.