⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年03月02日

アトピーのかゆみを大幅軽減する抗体開発

中外製薬が開発した抗体「ネモリズマブ」が、アトピー性皮膚炎のかゆみを大幅に軽減することを、国際共同治験で実証したと、京都大など日米欧の研究チームが発表しました。
さらに大規模な治験を行った後、早ければ2019年に、新薬の認可を、厚生労働省に申請したい考えです。
論文は、3日付の米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載されます。

ホープスリリーフクリーム アトピー かゆみ止め ボディクリーム

京大の椛島健治教授(皮膚科学)によると、アトピー性皮膚炎の患者のかゆみには、たんぱく質「インターロイキン31(IL31)」が関与していることが、欧州の研究者らによって報告されています。
ネモリズマブは、IL31と結び付く受容体に働き掛け、IL31の作用を消してしまうことを目指して開発されました。

治験は、京大と九州大、東京逓信病院の国内3病院と、米国、英国、ドイツ、ポーランドの各1病院で実施しました。
中等から重症の成人患者計約200人を対象に、12週間にわたって行いました。

ネモリズマブ0.5〜2ミリグラムを、4週に1度注射した場合、開始から12週後には、約6割の患者で、50%以上、かゆみが軽減しました。
かゆみが軽くなると、かくことが減って、症状が改善するほか、睡眠に入るまでの時間も短縮します。
眠くなるなどの副作用もありませんでした。

椛島教授は「アトピー性皮膚炎の患者は国内で大人の2〜3%、小児の10%程度と多い。ネモリズマブは、かゆみを抑えるのに画期的な抗体だ」と話しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


これは気になります。
早く製品化されるといいですが、新薬で気になるのは、やはり副作用です。
眠くなるだけならいいですが、ステロイド系の薬のように、体に影響があるようだと、心配ですし。

ホープスリリーフクリーム アトピー かゆみ止め ボディクリーム
タグ:アトピー
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.