⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年03月13日

ゴキブリは雌3匹で子孫残せる

全国に分布するワモンゴキブリは、雌だけで3匹以上いると、雄と交尾せずに子孫を残す「単為生殖」が促進されるとする実験結果を、北海道大の研究チームが13日発表しました。
単為生殖できる他のゴキブリも、同様の性質をもっている可能性があります。
動物学専門誌に掲載されました。

楽天市場の虫除け・殺虫剤ランキングはこちら

害虫駆除では、雌のフェロモンで雄を引きつけて殺虫し、繁殖を妨げる方法がありますが、ワモンゴキブリは、雌雄両方の駆除を徹底しないと、効果が小さいと考えられます。

チームは、ワモンゴキブリを
・雌雄1匹ずつのペア
・雌1匹だけ
・雌だけ2〜5匹
など、11パターンで、それぞれ14組以上を、容器で飼育し、複数の卵が入った、カプセルのような「卵鞘(らんしょう)」を形成するまでの期間を、2回目まで調べました。

その結果、雌3匹以上では、最初の形成が、平均10日程度と、1匹だけより3日程度早く、2回目では、9日程度早くなりました。
15匹以上で飼育を始めたケースでは、雌だけで、3年以上もコロニー(集団)を維持しています。

匂いや物などを感じ取る触角を切除すると、卵鞘形成が遅くなったため、単為生殖促進には、触角で他の雌を確認することが必要だと考えられます。
チームの西野浩史・北大助教(神経行動学)は「集団のケースで単為生殖が進むのは、子の生存率が高くなるからではないか」と話します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


こいつらに「絶滅」という言葉は存在しないんだろうな。
こいつら、何があっても生き残るよ。
人間が戦っても、勝ち目なんてないぜ。
何だろう、この敗北感・・・。

楽天市場で虫除け・殺虫剤ランキングを見てみる
タグ:ゴキブリ
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.