⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年03月17日

ヤマト春闘、時間帯指定一部廃止で妥結

宅配便最大手のヤマト運輸は、荷物を受け取る時間帯を指定できる配達を見直し、再配達の受付時間を短くすることなどを決めました。
今春闘の労使交渉で労働組合に回答し、16日妥結しました。
荷物の急増と人手不足で厳しさを増しているドライバーの労働環境を改善するには、利用者向けの手厚いサービスの見直しが必要だと判断しました。
インターネット通販のサービスの縮小につながる可能性があります。

楽天市場で送料無料の商品を見てみる

指定できる配達時間帯のうち、利用が比較的少ない「正午〜午後2時」と、幅が短く多忙になりがちな「午後8〜9時」を廃止し、「午後7〜9時」の時間帯を新設します。
6月中に実施します。

再配達の受付時間は、午後8時の締め切りを1時間繰り上げて、午後7時にします。
4月24日から実施します。

組合側の要求に応えて、終業と始業の間に、最低10時間の休息時間を確保する「勤務間インターバル規制」を、10月から導入することでも、労使が妥結しました。

荷物量の多い法人客との契約内容を見直し、荷物量を適正な範囲に抑えることも確認しました。
従業員の負担を軽減するため、一部商品の廃止や、リニューアルも検討します。

ネット通販の急拡大により、ヤマトでは、扱う荷物量が急増し、ドライバーの長時間労働が常態化しています。
組合側が先月、今春闘で初めて「荷物量の抑制」を要求し、異例の労使交渉が続いていました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


以前から言われていたことなので、特に目新しい内容はありませんが、今まで、話だけだったことが、いよいよ、具体的に決まりました。

利用者の視点からすれば、確実に不便になりますが、ドライバーの命を削ってでも、一刻も早く持ってきてほしい荷物があるわけではありませんから。

楽天市場で送料無料の商品を探す
タグ:ヤマト運輸
06:49 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.