⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年04月25日

メルカリが現行紙幣の出品を禁止

メルカリは4月22日、「利用規約で禁止しているマネーロンダリングにつながる可能性がある」として、現行紙幣の出品を禁止しました。

楽天市場でメンズ財布ランキングを見てみる

メルカリでは、1万円札×4枚を4万7300円で売るなど、現行の1万円札を、額面以上の金額で販売する出品が、多数ありました。
落札者の目的は定かではありませんが、落札金額をクレジットカードで決済することで、カード枠の現金化に使っているのでは、という指摘もあります。

同社によると、メルカリでは以前から、記念硬貨など、希少価値の高い硬貨や、古い紙幣の取引は可能でした。
その中で、二千円札や、穴の位置がずれた五円玉など、「現行の硬貨・紙幣でも希少価値の高いものを出品したい」というユーザーからの要望があり、今年の2月14日、現行紙幣の出品を可能にしたといいます。

しかし、その後「当社が当初想定していなかった、現金を額面以上で販売するという出品が行われ始めた」ため、トラブル防止のため、4月22日、現行紙幣の出品を禁止しました。
「利用規約で禁止しているマネーロンダリングをにつながる可能性がある」として、出品を見つけ次第、順次削除しているといいます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


いろいろと問題になりそうな事案なので、禁止は妥当な対処方法だと思います。

それにしても、お札を額面以上の金額で購入する理由が、まったく分かりません。
世の中は、謎だらけです。

楽天市場でレディース財布ランキングを見てみる
タグ:メルカリ
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.