⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年07月07日

北海道で今年初の猛暑日

7日は全国的に気温が高く、北海道でも、今年はじめて、35℃以上の猛暑日となりました。
きょうは二十四節気の「小暑」で、暑さが本格化してくる頃ですが、暦どおり、広い範囲で、厳しい暑さとなりました。

北海道への旅行は楽天トラベルで

7日の北海道は、日差しと暖かい空気で、道東を中心に、気温が高くなりました。
午後2時20分までの最高気温は、河東郡音更町で36.1℃、帯広市で35.2℃、紋別郡遠軽町で35.0℃と、北海道内では、今年はじめての猛暑日となりました。

そのほかも、道内では、広い範囲で、今シーズン一番の暑さとなり、紋別郡遠軽町白滝や、川上郡弟子屈町、河東郡鹿追町では、7月としては、観測史上最も高い気温を記録しています。

北海道では、広い範囲に高温注意情報が発表されており、熱中症などの健康管理に、十分な注意が必要です。

また、岐阜県多治見市でも、午後1時半過ぎに、気温が35℃に達し、こちらも、今季初の猛暑日となります。

あす8日も、全国的に気温の高い状態が続き、特に北日本では、平年よりも10℃以上高い所がある見込みです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「北海道の気温がヤバい」という事案は、去年も話題になりました。
今は、北海道は暑いから、沖縄に避暑に行こう、という時代なんですよ。

実際、温暖化で気圧配置が変わってきているので、今後は、「本日の日本全国の最高気温」が北海道で記録されるというのは、珍しいことではなくなるみたいです。

ちなみに、今日は七夕です。
七夕は、なぜか、毎年、嫌がらせのように、雨が降ることが多いのですが、今年は、珍しくいいお天気です。
といっても、天の川は見えないのですが。
残念。

沖縄への旅行は楽天トラベルで
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.