⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年08月15日

南極で100年前のケーキ発見される。今でも食べられます

南極で、約100年前のフルーツケーキが発見されました。
ニュージーランドの団体「Antarctic Heritage Trust」が発表しました。
保存状態がよく、現在も食用可能だとしています。

楽天市場でフルーツケーキランキングを見てみる

フルーツケーキは、1822年に創業したイギリスのメーカーHuntley & Palmers社製です。
同国の探検隊が、1910〜1913年にかけて行った、テラノバ遠征の際に、南極に持ち込み、アデア岬に残したものと推測されています。

フルーツケーキは、包み紙、金属ケースに覆われたままになっており、「完全に保存されていた」とのことです。
見た目、香りには問題がなく、現在でも「(ほぼ)食べられる」状態を維持しているといいます。

ちなみに、フルーツケーキは、効率的にカロリーが摂取できるため、南極遠征には、理想的な食べ物なのだそうです。
「Antarctic Heritage Trust」は、以前から、南極に残された人工物の保全活動を行っており、この他にも、チョコレート、乾燥された肉のブロックなどが発見されています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ケーキが出てきたというのは、大したことではないかもしれませんが、食べられる状態というのは、驚異的です。
しかも、凍っていたから完全保存されていたのではなく、金属ケース内に保存されていたからというのは、さらに驚きです。
その保存技術は、何かに応用できるのではないでしょうか。

でも、本当に食べられるんですか?
自ら食べてみせて、持論の正しさを証明してほしいところですが、さすがに、その勇気はないでしょう。

楽天市場のフルーツケーキランキングはこちら
18:34 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.