⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年08月19日

大文字焼きがLED照明に

山梨県笛吹市で行われた「甲斐いちのみや大文字焼き」で、火ではなく、LED照明で「大」の文字を点灯させたことが、ネットで話題になっています。

「甲斐いちのみや大文字焼き」は、江戸時代に行われていた、精霊を送るお盆の祭りを、約150年ぶりに復活させたものです。
1988年から行われており、今回の2017年8月16日の開催で、30回目となります。

笛吹市観光商工課の担当者によると、「大」の文字の点灯は、毎年8月13日から16日まで行われています。
従来、「大」の文字については、8月13日から15日まで、白熱電球で点灯させ、16日のみ、松明(たいまつ)を用いて、火で明かりをつけていました。

しかし、松明を設置する際などに、山の斜面に安定した足場を取れず、危険だという意見があったことや、コストへの配慮から、2017年から、全日程で、LED照明で点灯させることになりました。
今回、44個の大型LED照明を用いて点灯させたとのことで、2018年以降も、火を用いる予定はないといいます。

この件に対し、2ちゃんねるでは、「CO2も出ないし、時代にあった試みなのかも。」と、受け入れる声もある一方で、「火じゃないじゃんw」「誰が見にいくんだ、そんなもん」「送り火をともす意味を履き違えてんじゃね? やめてしまえ」と、批判的な声もありました。

また、「そのうち花火もLEDかな」「もうバーチャル配信でいいじゃんw」といった声も寄せられていました。

こうした「火ではなくLED」に対する批判の声について、市担当者は、「もちろん実行委員会の中にも、火ではなくなることへの無念さはあった」と明かします。
しかし、実行委員会の委員の高齢化や、消防への負担なども相まって、伝統として継続していくために、今回の決断をしたとして、「私たちとしては前向きに捉えてほしいな、と思いますね」と語りました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


うーん、これはまた、微妙な問題です。
が、そもそも、本物の火を使っていたのは、最終日だけで、他の日は、従来から電球を点けていたとのことなので、文句を言われても、今更のような気がしますが。

こういうものは、気持ちの問題という側面が大きいので、信仰心さえあれば、形式は問わないという考え方と、まがい物で誤魔化すのは冒涜だという意見と、どっちもありますし、どっちが正しいとも言えず、本当に難しい問題です。

楽天市場でLED蛍光灯ランキングを見てみる
10:37 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.