⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年09月07日

遺伝の「優性」「劣性」使うのやめます

日本遺伝学会が、誤解や偏見につながりかねなかったり、分かりにくかったりする用語を、改訂しました。
今後、遺伝の法則の「優性」「劣性」は使いません。
用語集としてまとめ、今月中旬、一般向けに発売します。

生命科学(3) 遺伝学 (新・生命科学ライブラリ)

メンデルの遺伝学の訳語として使われてきた「優性」「劣性」は、遺伝子の特徴の現れやすさを示すにすぎませんが、優れている、劣っているという語感があり、誤解されやすいです。
「劣性遺伝病」と診断された人は、マイナスイメージを抱き、不安になりがちです。
日本人類遺伝学会とも協議して見直しを進め、「優性」は「顕性」、「劣性」は「潜性」と言い換えます。

他にも、「バリエーション」の訳語の一つだった「変異」は、「多様性」になります。
遺伝情報の多様性が、一人一人違う特徴となるという、基本的な考え方が伝わるようにします。
色の見え方は、人によって多様だという認識から、「色覚異常」や「色盲」は、「色覚多様性」としました。

学会長の小林武彦東京大教授は「改訂した用語の普及に努める。教科書の用語も変えてほしいと文部科学省に要望書も出す予定だ」と話します。
用語集「遺伝単」(エヌ・ティー・エス)は、税抜き2800円です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


分かりやすさという点でいえば、かえって分かりにくくなって、混乱を招くと思いますが、そこは「慣れ」なので、いずれは浸透するでしょう。
誤解や偏見につながりかねないという意味では、よい改訂だと思います。

メンデルの遺伝の法則実験器「ガラガラ・ポン」
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.