⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年09月07日

ポケモンGOで労働者のストレス軽減

スマホゲーム「ポケモンGO」を1カ月以上続けてプレーした労働者は、心理的ストレスが減ったという調査結果を、東京大の川上憲人教授(精神保健学)らの研究グループがまとめました。
英科学誌サイエンティフィック・リポーツで、7日に発表しました。

楽天市場でモバイルバッテリーランキングを見てみる

日本に住む、20代から70代の正規雇用の労働者2530人について、ポケモンGOの国内配信が始まった、2016年7月をはさんだ、15年11月と、16年12月の2回、心理的なストレスの程度をみる同じ検査を、ネットでしてもらいました。
その結果、16年12月時点で、ポケモンGOを1カ月以上続けてプレーしたことがあると答えた246人は、心理的ストレスが1年前より減っていましたが、残りの2284人は、ほぼ横ばいでした。
年齢や喫煙習慣などの影響を調整した上で比べて、統計的に明確な差があったといいます。

これまで、ポケモンGOは、抑うつ状態や引きこもりなどの解消に効果があるという説はありましたが、科学的根拠のある検証はありませんでした。
グループは、ポケモンGOのような、拡張現実を利用したゲームが、労働者の心の健康を改善する可能性を示したとしています。
川上さんは「外出し、人との交流や身体活動量が増えることが改善の主な理由と考えられる」と話しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ポケモンGOが、引きこもりの改善に効果があるというのは、当初から言われていました。
実際に、家から出て、動き回らないと出来ないゲームですから。
そして、動き回ることが、物理的に「外に出た」という事実だけでなく、症状の改善につながっているということなのでしょう。

ただ、ポケモンが思ったように集まらなかったり、バトルになかなか勝てなかったりという、違った意味で、新たなストレスも発生しそうですが。

楽天市場のモバイルバッテリーランキングはこちら
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.