⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年09月22日

年金相談電話5%しかつながらず、増設し無料化へ

総額約600億円の年金支給漏れ問題で、日本年金機構(東京)は22日、相談を受け付けている40台の専用電話を、25日から、計100台に増やすことを決めました。

相談員必携!年金制度・年金改革総まとめ

現在、有料の専用電話(0570-030-261)は24日までで、25日以降は、無料のフリーダイヤル(01120-511-612)で対応します。

電話の受け付け時間はこれまでと同様で、平日の午前8時半〜午後8時、土日は午前8時半〜午後5時15分です。
全国の年金事務所では、一部を除き、連休の23、24日も、窓口で相談を受け付けます。

同機構は、支給漏れの問題を公表した翌日の今月14日に、相談専用電話を設置しました。
同日から4日間で、計9万件を超える電話が殺到しましたが、5%しかつながっておらず、20日に行われた衆参両院の閉会中審査で、同機構の対応に、批判が相次いでいました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


40台が100台になれば、2.5倍です。
かなり大規模な改善策と言えると思うのですが、それでも、全然足りなさそうな気しかしません。

今回の問題とは別件ですが、先日、年金について確認しなければならない事象が発生し、電話で問い合わせたのですが、相当待たされた上に、担当者の対応が、めちゃめちゃぶっきらぼうでした。
「そんな下らないことで電話するなよ」とでも言いたげな口調で、これじゃあ印象悪いよなあと思ったものです。

もらえる年金が本当にわかる本(’17〜’18年版)
19:00 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.