⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年10月01日

ZOZO「送料自由」を試験導入

ファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが1日、新たに、送料をユーザー自身が決める“送料自由”サービスを、試験導入しました。
ユーザーは、商品購入後の画面から、自由に送料を決めることができます。
無料を選択することもできます。
初期設定は、400円になっています。
新しい料金体系の適用は、1日12時以降の注文から、すでに採用されています。
ただし、試験的実施のため、今後、予告なくサービスを終了する可能性があります。

楽天市場の送料無料商品はこちら

前澤社長は自身のツイッターで「0円でも500円でもお客様の自由です。自由に価格を決めていただくことで、運ぶ人と受け取る人との間に、気持ちの交換が生まれれば素敵だなと思います」とコメントしました。

同社では、これまで、会員かどうかにかかわらず、税込4999円以上の注文について、送料無料を掲げてきました。
また、提携するヤマト運輸をはじめとする運送業者の、人手不足や負担拡大の影響もあってか、6月には、一部地域で行っていた即日配送のうち、当日配送を取りやめるなど、配送サービスを見直してきました。

発表に先立って、前澤友作社長は、自身のツイッターで
「ZOZOTOWNの送料が変わります。通販・EC業界初の前代未聞の試みになるかと思います」
「ビジネス感度の高いNewsPicksユーザーの皆さまの予想が聞きたいです」
とコメントしており、ネット上では、「送料無料で再配達のみ有料にする」「送料の年間パスポートを発行する」などの予想が出ていました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


企画としては、とても面白いと思います。
話題性もあります。
ノってくれる人もいるのではないでしょうか。
運送会社のドライバーを応援という意味で、結構、高い値段の送料を「寄付」してくれる人も、いそうです。
ただ、私は「0円」と入力してしまいますけれども。
庶民ですから。

楽天市場で送料無料の商品を探す
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.