⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年10月02日

枕投げ大会“先生来たら正座”ユニークルールも

浴衣姿で、修学旅行さながらに枕を投げ合う「全日本まくら投げ大会in伊東温泉」の、千葉県内初の予選会が、1日、木更津市で開かれ、参加した市内20チームが、熱戦を繰り広げました。
「先生が来たぞー」の掛け声で正座するなど、選手は、ユニークなルールで、競技としての枕投げを楽しみました。

楽天市場で枕ランキングを見てみる

同大会は「修学旅行の枕投げをスポーツにしたら面白い」という発想で、2013年に、静岡県伊東市で始まりました。
今回の予選会は、木更津の活性化に取り組むNPO法人「木更CoN」を中心とする実行委の主催で、同市民または市内の企業や学校に在籍している人を対象に、開催しました。

1チーム8人編成で、5人が畳の上で枕を投げ合い、3人が競技エリアから出た枕を回収します。
リベロと呼ばれる1人が、布団を広げて大将をガードし、相手の大将に当てた方の勝ちです。
枕に当たった選手は「就寝」となり、布団にもぐります。
トーナメント戦の結果、優勝した「うっちーず」が、来年2月に、伊東市で行われる全国大会への切符を手にしました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


楽しそうで、何よりです。

これとは別件ですが、「枕投げ」は、ちゃんとスポーツとしてルール化されていて、「国際枕投げデー」には、世界中で、国際大会も開催されるという、実は、結構グローバルな競技(?)なのです。

でも、日本では、「国際枕投げデー」のイベントは行われていないらしく、日本は、枕投げに関しては、むしろ後進国のようです。

もっと、認知されてもいいような気がしますが。

楽天市場の枕ランキングはこちら
タグ:枕投げ
23:55 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.