⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年11月22日

東京ディズニーランドで労災認定 着ぐるみで腕に激痛

東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)で、キャラクターの着ぐるみを着て、ショーやパレードに出演していた契約社員の女性(28)が、腕に激痛が走るなどの疾患を発症したのは過重労働が原因だったとして、船橋労働基準監督署(同船橋市)が、労災を認定していたことが分かりました。

TDLに行くなら楽天トラベルで

認定は、8月10日付です。
遊園地のショーなどの出演者が、出演中の転倒などによる負傷で、労災認定されるケースは少なくありませんが、事故によるけがでない疾患は、過重業務との医学的な因果関係の判断が難しく、労災が認められる例は、珍しいといいます。

女性は、2015年2月から、様々なディズニーキャラクターに扮して、ショーやパレードに出演していました。

女性によると、16年11月ごろから、左腕が重く感じ、手の震えが止まらなくなりましたが、休みを取りにくく、出演を続けたといいます。
17年1月に入って、症状が悪化し、左腕をあげると激痛が走り、左手を握っても感覚がなくなったといいます。
病院で診察を受け、神経や血流の障害で痛みが出る「胸郭出口症候群」と診断されました。
治療のため休職し、しばらくは、自由に腕を動かせなかったといいます。

雇用契約は、1年ごとの更新で、16年11〜12月のパレードの出演回数は、計50回にのぼりました。
16年末に出演したクリスマスパレードの衣装は、首の動きが制限され、重さが10キロ近くありました。
この衣装を着て、1回45分のパレードの間、両手を顔より上にあげているよう、指示されていたといいます。

2年弱の出演期間中に20〜30キロの衣装を着ることもあったといい、首から肩、腕にかけて、負荷がかかる業務に継続的に従事したことが、発症の原因と認められました。
症状は改善しつつありますが、完治はしていません。
女性は、業務量を減らしての復職を求めています。

TDLを運営する、オリエンタルランドの広報部は、取材に対し、「あってはならない残念なことで、真摯に受け止めている。トレーナーの配置やコスチュームの改善など、これまでの対策に万全を期していく」としています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


夢の国の、夢とはほど遠い現実です。

TDL的には、「中の人などいない」と言い張らなければならないところなのでしょうけれども。

楽天トラベルの東京ディズニーリゾート特集はこちら
09:09 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.