⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年12月10日

八坂神社前の京風ローソン閉店へ

京都の街並みにマッチした、和風の外観で知られる「ローソン八坂神社前店」(京都市東山区)が、来年1月上旬で閉店することが、9日までに分かりました。
土地や建物の賃借条件をめぐる交渉で、家主と折り合いがつきませんでした。
訪日外国人の急増を受けた、宿泊施設の建設ラッシュなどで、周囲の地価が高騰しており、一定の影響を受けたとみられます。
京都を訪れる観光客や、地元住民にも親しまれた、名物コンビニ店でした。

京都に行くなら楽天トラベル

同店は、八坂神社と東大路通を挟んだ西向かいにあり、1997年にオープンしました。
市の屋外広告物条例や、地元の市民グループの要望などを踏まえ、祇園地域の景観との調和を図りました。

ローソンは、一般に、青地に白色の看板ですが、同店は、白地に濃い茶色の字体を使用しています。
ガラス窓には、格子をあしらうなどし、歴史ある観光地の象徴的なコンビニとして、全国的に注目されました。
2008年には、市の「優良屋外広告物賞」で、第1号の最優秀作品に選ばれました。

ローソン広報室は、閉店理由について「家主との契約更新に際して提示された条件が合わなかった」としています。
今年9月に、府が発表した基準地価で、東山区の商業地は、前年比15.7%増と、府内市区町村で、3番目の上昇率を記録しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


残念なことです。

京都は本当に、建物の基準が厳しいですから、京都の街並みにマッチするよう、様々な工夫が施された、英知の結晶とも言うべき建造物だと思います。
他への影響というか、ここを参考にしたという事例も、たくさんあるはずです。
マクドナルドも、京都の店舗では、看板の色を変えていると聞いたことがあります。

地域への貢献度も高いお店を、「保存」というと大げさですが、何らかの形で残せないものなのかと、切に思います。

京都への旅行は楽天トラベルで
タグ:ローソン
13:01 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.