⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2017年12月18日

土方歳三と坂本龍馬の子孫が一緒にごみ拾い

東京都日野市の高幡不動駅周辺で17日、いずれも幕末に活躍した、土方歳三と坂本龍馬の親族の子孫2人が、一緒に街のごみ拾いをしました。
土方は新選組副長で佐幕派、坂本は志士で倒幕派と、立場は大きく違いましたが、約150年の時を超えて、きれいな街づくりに一役買いました。

高幡不動尊金剛寺

参加したのは、土方歳三の兄の子孫で、市内にある土方歳三資料館で館長を務める土方愛(めぐみ)さん(46)と、坂本龍馬の兄の子孫で、中央大学3年の坂本龍哉(りょうや)さん(20)です。
ごみ拾いを通じた街づくりを手がける、中央大のサークルの呼びかけに応じました。

2人は初対面で、あいさつの後、午前9時半ごろに出発しました。
約30人が、土方チームと坂本チームの二手に分かれて、拾いました。
新選組の衣装を着た参加者もいて、和やかな雰囲気で進み、終了後、坂本さんは、土方歳三資料館を訪問しました。
「歴史は立場によって見方が異なるので、各自の立場に立って見ることが大事ですね」などといった話を、2人でしたといいます。

土方さんは「かしこまらずに話せて良かった。お互いの歴史は理解しつつ、良いご縁を築いていけたら」、坂本さんも「幕末当時は敵対的な関係性だったと思うが、長い時間を超えて協力ができ、素晴らしいと思います」と話しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


日野市は土方歳三の生まれ故郷なので、新選組を大々的にアピールした町おこしを行っています。
ところが、新選組のグッズを売っているお店の壁に、近藤勇と土方歳三の写真が貼られていて、その隣に、何故か坂本龍馬の写真が並んでいたり、新選組隊士の名前の書かれた缶バッジの中に、「坂本龍馬」という缶バッジが、当たり前のように混ざっていたりして、おいおい、それは、いいのか?と、突っ込みを入れたくなります。
敵の本拠地ですら受け入れられるほどに、坂本龍馬の人気は絶大ということでしょうか。
まあ、時代も変わったことですし、今更いがみ合う必要はないでしょう。
お互いの子孫の方々も、仲良くやっていらっしゃったようですし。
平和が一番です。

大河ドラマ 新選組! 完全版 全2巻セット DVD
23:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.