⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2018年10月17日

藤井七段が新人王最年少記録を31年ぶりに更新

将棋の第49期新人王戦決勝三番勝負(しんぶん赤旗主催)第2局が17日、大阪市の関西将棋会館で指され、現役最年少の高校生棋士、藤井聡太七段(16)が、奨励会の出口若武(わかむ)三段(23)に、105手で勝ち、2連勝で、優勝しました。
公式棋戦の優勝は、中学生だった今年2月の、朝日杯将棋オープン戦に続き、2回目です。
藤井は現在、16歳2カ月で、森内俊之九段(48)=当時四段=が、1987年に、17歳0カ月で果たした、新人王戦の最年少優勝記録を、31年ぶりに更新しました。

藤井聡太全局集 平成28・29年度版

第2局は、藤井の先手番で、序盤で互いの角を交換する「角換わり」と呼ばれる戦いになりました。
定跡のような手順が続き、出口が早指しで挑みましたが、藤井が的確な指し回しで優位を築き、終盤は厳しい攻めで押し切りました。

同棋戦は、六段以下の若手棋士や、プロ棋士を目指す奨励会三段リーグ戦の、成績上位者らが参加します。
藤井は、初参加の前期は、準々決勝で敗退しました。
今期は、開催期間中に四段から七段にスピード昇段したため、最後の出場機会となりましたが、初戦から6連勝で、見事に優勝を遂げました。

藤井にとっては、3局以上の対局で、優勝やタイトルを争う「番勝負」も、初経験でした。
藤井七段は「最後のチャンスだったので、優勝という形で卒業できたのはとてもうれしい。これを機にさらなる活躍ができるよう頑張っていきたい」と、喜びを語りました。

一方、4期連続出場で、初の決勝の舞台を踏んだ出口三段は「自分の力が足りない部分がはっきり現れたので、うまく次につなげていければ」と語りました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


おめでとうございます。

世間が、オセロ界の藤井聡太が〜なんて騒いでいたら、このタイミングで、本家が、しっかりと存在感をアピールしてきました。

新人王戦の出場資格は六段以下で、開催期間中に七段に昇段したため、今回はセーフでしたが、来年からは、もう出られません。
強すぎて出場資格を失うというのも、なかなか面白い話です。

ところで、将棋ファンの間では、恒例の注目事項となっているらしい「対局メシ」ですが、藤井は「やまがそば」のお弁当(温うどん付き、830円)、出口は洋食「イレブン」のサービス定食(豚生姜焼き、スープ、サラダ付き、900円)でした。
藤井のお弁当は、二段重ねのお重で、焼き魚や天ぷら、卵焼き、サラダなど、ボリュームたっぷりの、かなりがっつり系のメニューだそうです。

また、午後2時には、両対局者に、主催者から、おやつが提供されました(前回の対局でも、おやつが出たそうです)。
今回は、洋菓子店「パティスリーチャウチャウ」のモンブランでした。
それは、対局者が若い人だからという配慮なのでしょうか。

弟子・藤井聡太の学び方
23:37 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.