⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2018年10月18日

NASAがゴジラを星座に認定

日本が世界に誇る、大怪獣「ゴジラ」が、米航空宇宙局(NASA)と、世界の研究機関からなる"フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡"研究チームから、星座として認定されたことが18日、発表されました。
日本の怪獣が星座になるのは、史上初です。

シン・ゴジラ Blu-ray特別版4K Ultra HD Blu-ray同梱4枚組

今回「ゴジラ」が認定されたのは、フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡を搭載した観測衛星の打ち上げ10周年と、人間の肉眼で見える星の数に匹敵する3000以上の天体を発見したことを記念して新たに作成された、「ガンマ線天体を線で結んだ22星座」です。
なお、「オリオン座」「カシオペヤ座」など、一般的に知られている88の星座を定義しているのは、国際天文学連合(IAU)という別組織です。

選定の理由は、チームの研究対象である高エネルギー天体(ブラックホールなど)の周囲で発生している、ガンマ線粒子が、ジェット状に光を放つ、「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象が、「ゴジラ」が放つ、放射熱線と類似していることによります。
今回発表された22の星座には、「超人ハルク」「星の王子さま」など、宇宙やSFに関連があるキャラクターも含まれています。

NASAの公式サイトには
「ゴジラは映画界で最も有名なモンスターの1つに数えられ、日本の大衆文化の最も象徴的なシンボルである。
ゴジラのトレードマークとして放射熱線がある。
これは、ブラックホールと中性子星に関連する『ガンマ線バースト』と類似している。
フェルミ(宇宙望遠鏡)のガンマ線観測では、毎日、宇宙のどこかで発生する巨大なバーストを記録しているが、これらはゴジラさえ嫉妬させるだろう」
と、ゴジラに関するコメントが掲載されています。

「ゴジラ」は、1954年に第1作が公開されてから、来年で65周年を迎えます。
現在までに、国内で、計29作品が製作されました。
29作目『シン・ゴジラ』で、シリーズ累計の観客動員数が1億人を突破し、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


え? 快挙? いや、暴挙?

日本人としては、嬉しいことなのですが、それでいいんですか?NASAさん?

放射線を専門にしている研究機関だったからこそ、ゴジラがピックアップされたのかもしれません。

まあ、理由はどうあれ、凄いことであるのは、間違いないと思います。

ゴジラさん、どうかこれからも、その自慢の放射熱線で、名だたる企業のオフィスビルを破壊しまくって下さい。

※映画『シン・ゴジラ』の人気の秘密は、ゴジラが、実在する有名企業のビルを壊しまくるシーンがある点だと言われています。
対象企業の社員は、自社ビルがぶっ壊されるのを見て、「わーい、明日から会社に行かなくてもいいんだ」と思いながらストレス解消し(無論、実際には行かないわけにはいきませんが)、関係ない人たちは、「ゴジラさん、是非、弊社のビルもぶっ壊して下さい」と願ったとか願わなかったとか。

シン・ゴジラ Blu-ray特別版4K Ultra HD Blu-ray同梱4枚組
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.