⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2018年12月31日

おせち約1200個、温度設定間違いで配達中止

福岡の食品製造会社が、北海道の家庭向けに販売した、おせち1268個が、配達できなくなったことが、分かりました。

楽天市場の冬グルメ特集はこちら

配達できなくなったのは、北海道内の家庭向けに、インターネット通販などで販売された、おせち料理1268個です。
販売した、福岡県の食品製造会社「久松」によると、対象の商品は、27日に発送し、30日に、各家庭に配達予定だったおせち「博多」と、おせち「舞鶴」の2種類で、総額、約1880万円に上ります。
久松によると、商品を運ぶ、ヤマト運輸のトラックの温度設定が、「冷凍」でなければならないところが、「冷蔵」になっていたため、配達を中止したといいます。

久松の松田健吾店長は、「出荷の部分でお客様にご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳なく思っております」とコメントしています。

久松とヤマト運輸は、対象の家庭に、順次、連絡を取りつつ、来月4日以降に、代金の返金に応じていきたいとしています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


返金してもらっても、結局、おせちは食べられないわけですから、対応としては、微妙な気がします。

温度指定が「冷凍」ではなく「冷蔵」になっていたというのは、久松側が、発注時に間違えたのか、それとも、ヤマト側の手違いなのか、それによって、保障の問題も変わってくるので、まだひと悶着ありそうです。

ただ、ヤマトの温度管理は、結構いい加減で、冷凍便なのに、明らかに溶けているという苦情が多数寄せられて、問題になったことも、過去にありました。
なので、冷蔵でも、無事に届いていたかもしれないし、逆に、ちゃんと冷凍指定になっていても、事故が起きないという保証はありません。

巻き込まれたお客さんにとっては、本当に残念な年越しになってしまい、お気の毒としか言いようがありませんが、皆様は、どうか、よいお年をお迎えください。

あ、我が家は、おせちの手配は大丈夫です。

楽天市場で冬グルメ特集を見てみる
22:36 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.