⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年01月02日

平成最後の一般参賀は最多15万人超

平成最後の、新年一般参賀が2日、皇居・宮殿で行われました。
4月末の退位を控える天皇陛下が、在位中に参賀に応えられるのは最後で、平成最多だった昨年を約2万8000人上回る、約15万4800人が訪れました。

皇室カレンダー 2019(壁掛け)

皇居前広場には、早朝から大勢の人が、列を作りました。
天皇、皇后両陛下や、皇太子、秋篠宮両ご夫妻ら、皇族方が、宮殿のベランダに立たれる回数は、当初5回の予定でしたが、午後1時50分の5回目までに、宮殿の庭に入れない参賀者が続出しました。
このため、両陛下の意向で、急きょ2回増やして、計7回行われました。

天皇陛下は、「本年が少しでも多くの人にとり、良い年となるよう願っています。年頭に当たり、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と述べ、笑顔で手を振られました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


そんなに来られても、お庭に入りきれません。
ですよねー。

陛下がバルコニーに"お出まし"になるのは、例年5回ですが、昔は8回くらいやっていて、ご高齢の陛下の負担を考えて、回数を減らしたという事情があったように記憶しています。

今年は人数が多くて、5回ではさばききれず、「陛下の意向で」回数を増やしたとのことです。
大体の人数を数えて、「ここまで」と区切って、入場制限をしてしまうという対処方法も、有りだったのではないかと思いますが、せっかく来てくれた人を、無碍に追い返すことはしない、思いやりのある、優しい対応でした。

やっぱり、日本人は、「これが最後」とか、「今だけ限定」というシチュエーションが大好きみたいです。
平成の一般参賀は、今回が最後となりましたが、私は、天皇の退位前に、特別に、参賀の機会が設けられるのではないかとみているのですが、実現しないでしょうか。

皇室カレンダー 2019(卓上)
23:35 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.