⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年01月29日

恵方巻きを食べる人が減っている

節分(2月3日)に恵方巻きを食べる人の割合(喫食率)が、微減傾向にあることが、食品メーカーの調査で、分かりました。

楽天市場で恵方巻きを見てみる

2018年は、61.1%で、3年連続で、前年を下回りました。
スーパーやコンビニで商戦が過熱する一方、需要は追い付いていません。
過剰生産で、売れ残った商品が、大量に廃棄され、問題視される中、需要に見合った販売が求められます。
ミツカンが18年2月、インターネットで、節分の、巻きずしの喫食状況を調べました。
対象は、全国の20〜69歳の男女3270人です。

喫食率は、15年の62.5%をピークに、近年は、緩やかな減少が続いています。
18年は、15年比で、1.4ポイント減りました。
地域別では、近畿(75%)、四国(72%)など、西日本が高い傾向にあり、「習慣として根付いている」(同社)とみています。
「節分に恵方巻を食べる風習」の認知度は、84.2%と高いですが、前年から、0.2ポイント減と、わずかに減りました。

食べた恵方巻きの種類は、多様化しています。
従来の、かんぴょうやシイタケなどを使った「和風のり巻き」は53%で、前年から漸減しました。
「海鮮巻き」は、16年比7ポイント増の57%と、伸びが目立ち、最も多かったです。
野菜を多用した「サラダ巻き」も、同4ポイント増の31.2%と伸びました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


だから、恵方巻きはもう売れませんってば。
みんな飽きちゃって、食べないんですから。
コンビニ各社は、その辺の実情を、本当に分かっていないのか、それとも希望的観測なのか、昨年比〇%"増"という売り上げ目標を立てる時点で、根本的に間違っています。
売れ残りが出るのは当然です。
せっかく、ミツカンが具体的なデータを取ってくれたのですから、これは、有効活用していただきたいものです。

楽天市場で恵方巻きを注文!
20:15 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.