⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年04月01日

新元号発表!

1日午前11時40分、予定の11時半から10分遅れて、菅官房長官から、新元号が発表されました。


新しい元号は

令和(れいわ)

と発表されました。

出典は、万葉集の梅の花の詩、三十二首の余分「時、初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す」からの引用です。
これまでの元号は、全て中国の古典を由来としており、日本の古典が引用されるのは、今回が初めてです。

元号を、日本の古典から引用したことは、いいと思います。
日本を象徴する、日本だけで使用する識別子なのですから、日本由来のものを使うのが道理でしょう。
むしろ、今まで、外国産のものばかり作ってきたことの方が、不自然だったくらいです。
でも、梅の花、ですか。
日本の花といえば、桜ではありませんか?
まあ、桜が一般的になったのは江戸時代で、梅の方が、歴史はずっとずっと古いことは事実ですが、恐らく、現代の日本人の感覚として、梅よりも、桜の方が、馴染み深いものとなっているのではないでしょうか。
ですが、元号に選ばれたとなると、梅の花に対する感覚も、これから、変わっていくかもしれません。

なお、発表が予定より遅れた理由は、閣僚会議が終了(11:25)したのち、宮内庁長官が、新元号を天皇陛下にご報告し、署名・押印をいただき、それが終了してから、一般に公開、という順序を踏むため、長官が、宮内庁に移動するためのタイムラグが発生したためです。

無事に発表されて良かったです。
情報化の進んだ「こういう」時代なので、リークが一番心配されていて、もし、事前に漏れることがあれば、元号の変更も辞さないという、穏やかでない状況でもあったので、一連の過程がつつがなく進行したことは、本当に、ほっとしました。

さあ、いよいよこれからですよ!
今日は、新元号が"発表"されただけです。
具体的には、何一つ変わっていません。
変わるのは、1か月後です。
これから1か月は、本当に「平成最後の」平成ありがとうセールをやりまくって、どの業界の方々も、特需を満喫してください。
あとは、「令和最初の〇〇」ですか。
理由は何であれ、経済が活性化するのは、いいことです。
11:52 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.