⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年04月04日

手紙84円はがき63円に値上げ

消費増税にあわせ、郵便料金が値上げされます。

手紙・はがき・一筆箋の書き方と文例集

総務省は、10月1日から、手紙(25グラム以下の定形郵便物)の郵便料金を、2円値上げして、84円に、はがきを、1円値上げして、63円にする方針を固めました。
10月に、消費税率が、8%から10%に上がるのを受け、増税分を転嫁します。
値上げは、手紙が5年半ぶり、はがきが2年4カ月ぶりとなります。

手紙の郵便料金は、2014年4月の、前回の消費増税にあわせて、80円から82円になりました。
今年10月からの増税分を単純に上乗せすると、83.52円となりますが、1円単位で四捨五入して、84円とします。

はがきは、現在62円で、増税分を転嫁すると、63.15円になりますが、手紙と同様に四捨五入して、63円とします。
はがきは、14年4月の消費増税で、50円から52円になり、17年6月にも、人手不足による人件費の上昇などを理由に、62円に値上げされました。

手紙の郵便料金については、総務省令で、上限が82円と定められています。
このため、今月中に、国民からの意見募集を始め、今夏にも、省令を改正します。
その後、日本郵便が、はがきとともに、総務省に、値上げを届け出ます。

手紙やはがきなどの郵便物は、年々利用が減っていますが、17年度は、約170億通の取り扱いがありました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


この前上げたばかりなのに、また?という感じです。
まあ、消費増税に伴う値上げならば、仕方がないのですが。

それよりも、最近は、手紙もはがきも、(年賀状以外)すっかり使わなくなってしまったので、もはや、現在、手紙とはがきの料金がいくらなのか、把握できていない状態です。

これで、手紙離れが一層進むというか、「はがきなんて使わないから、値上げされても俺には関係ないわ」という声が聞こえてきそうな気もします。


驚愕!
「両面無地」ということは、郵便番号の枠すら印刷されていないということですよね?
それは、はがき大のただの画用紙なのでは?
それを「はがき」と呼んでいいのですか?
はがきの定義とは一体?!

 ↓ ↓ ↓

白色両面無地ハガキ1000枚
18:59 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.