⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年04月09日

紙幣刷新で1万円札が渋沢栄一に

麻生太郎財務相は9日午前、2024年度上期をめどに、1万円札と5000円札、1000円札の紙幣を刷新すると発表し、新紙幣のデザインを公開しました。

楽天市場のレディース財布ランキングはこちら

新たに紙幣の肖像画となるのは、この3名です。

1万円札=渋沢栄一
第一国立銀行や東京証券取引所など多くの企業を設立、経営した実業家

5000円札=津田梅子
日本初の女子留学生の一人で津田塾大創設者

1000円札=北里柴三郎
ペスト菌発見など医学の発展に貢献した「近代日本医学の父」

なお、裏面には、

1万円札=東京駅の丸の内駅舎
5000円札=藤の花
1000円札=富嶽三十六景の「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」

が採用されます。

また、500円硬貨についても、素材などを変えた新硬貨が、21年上期をめどに発行されます。
これまでのニッケル黄銅に、白銅と銅も混ぜて、2色3層にするなどの変更を加えます。

一方、2000年に発行した2000円札については、流通枚数が少ないとして、刷新は見送られました。

1万円札の肖像画が変わるのは、1984年に、聖徳太子から福沢諭吉に変更されて以来です。
5000円札は、2004年に、新渡戸稲造から、紙幣の肖像画として、戦後初の女性となる、樋口一葉になりました。
1000円札も同年、夏目漱石から、野口英世に変更されました。

04年以来となる、図柄の刷新は、偽造防止が主な目的で、最新技術を使ったホログラムなどを導入するほか、見やすいように、額面の数字も大きくします。
麻生太郎財務相は9日の閣議後記者会見で「偽造防止の観点から、おおむね20年ごとに刷新している」と説明しました。
渋沢栄一らの肖像画を採用することについては、「明治以降の文化人から選定するという前2回(の刷新時)の考え方を踏襲した」とのことです。

今月1日の、新元号発表と続いたことについては、「たまたま重なった」としています。

紙幣の様式は、通貨行政を担当している財務省、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局の3者で協議し、日本銀行法に基づいて、財務相が決めます。

財務省は、新紙幣・硬貨が発行された後も、現行のお金は引き続き使えるとして、「現行の日本銀行券が使えなくなる」などとかたる詐欺に注意するよう、呼びかけています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「たまたま」ですか?

紙幣の改定については、そろそろ、あってもおかしくない時期ではありますが、夜中にこっそり発表する必要はないでしょう?
寝て、起きたら世界が変わっていて、ビックリでした。

それと、毎年恒例、大阪・造幣局の「桜の通り抜け」が、今年は9日からなのですが、その初日と、新紙幣発行の発表が、同じ日に重なったのも、「偶然」なのでしょうか。

何か、裏がありそうだと、勘繰ってしまいます。

詐欺は、本当に、何でもネタになります。
でも、現行の紙幣が使えなくなると言われて、引っかかる人がいるのでしょうか。
お札の改定を経験したことのある世代の人は、大丈夫でしょう。
問題は、経験のない若い人?

楽天市場のメンズ財布ランキングはこちら
20:11 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.