⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年04月10日

エベレストが低くなった?疑惑で測量へ

ネパール政府は8日、世界最高峰エベレストの標高を測量するための調査団が、10日に出発すると発表しました。

海外旅行なら楽天トラベルで

実際の標高は、公式の記録よりも低いのではないかという疑念を解消する試みで、ネパール当局が測量するのは、初めてです。

現在、世界的に広く認知されているエベレストの標高は、1954年に、インドの調査により記録された、8848メートルです。
しかし、2015年のネパール大地震により、低くなったのではないかと、議論を呼んでいました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


実際の標高が、公式発表より低いかも、といっても、ミリとかセンチの単位だろう、そんなのは誤差の範囲だと思っていたら、エベレストの標高は、割と、もっとアバウトな感じみたいです。

1999年には、全米地理学協会が、GPSによる測定値が、8850mだったと発表しています。
2005年には、中国の測量隊が、エベレストの標高を、8844.43m±0.21mと発表しています。
また、エベレストの山頂には、常に雪が積もっているので、その高さを、どう考えるかという問題もあるようです。
さらに、あの辺りの山脈は、インドプレートに押されて、隆起してできたものなので、現在も、年間4ミリほど、絶賛成長中だそうです。
しかし、山頂部分は風化が激しく、高くなった分は浸食されて、これ以上高くならないという説もあります。

そんなわけで、昔から色々と言われているエベレストですが、今回の疑惑の原因が、ネパール地震となると、以前の測量の正確さとか、自然現象による誤差などに関係なく、崩れて低くなった可能性は、あるかもしれません。
測量技術も、日々、進歩していることですし、たまには、測り直してみるのも、いいのではないでしょうか。

ちなみに、世界で2番目に高い山は、K2で、標高8611メートルなので、何かの間違いがあったとしても、エベレストが世界一から陥落するということは、さすがに、無いでしょう。

海外旅行なら楽天トラベルで
10:52 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.