⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年04月15日

やよい軒がおかわりを有料化

定食チェーン「やよい軒」が、16日から、これまで無料だったご飯の「おかわり」を、関東の一部店舗で、試験的に、有料化します。
やよい軒を運営する、プレナスの担当者が、明らかにしました。

出前、宅配は楽天デリバリーから!

有料化するのは、全国378店舗のうち、東京、千葉、栃木、茨城の4都県の12店舗で、全体の約3%にあたります。

プレナス広報室は、「以前より、おかわりをしている人もしていない人も同じ値段を頂戴しておりましたが、その不公平感にご意見をいただいておりました。今回のテストは、改めて定食の価格とおかわり自由の価格を設定し、お客様の評価を把握する一環でテストを行います」とコメントしました。
試験的な導入のため、おかわりの料金は、実施店舗によって異なり、30〜100円の幅があります。
実施期間は未定です。

やよい軒は、弁当チェーン「ほっともっと」を展開するプレナスが運営し、定食や丼などのメニューを提供しています。
店内に炊飯器が置かれ、定食を注文した客は、セルフサービス方式で、自由におかわりができることが、特徴の一つでした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「おかわり自由」は、"サービス"です。
おかわりをしない人が損をしているのではなく、おかわりをする人が得をしているのです。
おかわりをしない人が、自分の飲食形態に合致したサービスがないことに対して文句を言うのは、レディースデーがあるのにメンズデーがないのは不公平だと言うようなもので、それはちょっと、趣旨がズレているような気がします。

ただ、おかわり自由のサービスをやめるというのは、無謀だと思います。
今まで、おかわりが無料だからやよい軒に行っていたという人は多く、ツイッターには、「有料になるならもう行かない」という書き込みがあふれています。
実際、そうなると思います。
おかわりが無料でないなら、やよい軒である必要はないのですから。

おかわりを有料化するかわりに、定食の値段をさげます、などの代替措置がとられれば、おかわりする人もしない人も、八方丸く収まったのではないかと思うのですが、これでは、ただの値上げでしかないので、反発は必至です。

実情は、経営が苦しくなってきて、値上げしなければやっていけなくなった、ということだと思います。
だとすると、おかわりをしない客からのクレームという、やよい軒側の言い分は、怪しいものです。
やよい軒側の都合で値上げをするとは言いづらいので、「お客様のご意見を尊重」したのだと、言い逃れの理由にしているだけ、という憶測は、さすがに考えすぎでしょうか。

出前、宅配は楽天デリバリーから!
23:42 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.