⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年04月16日

仏ノートルダム大聖堂で火災が発生し尖塔が崩壊

パリ中心部にある観光名所、ノートルダム大聖堂で、15日夕刻、大規模な火災が発生しました。
火災により、同大聖堂の尖塔(せんとう)が崩壊しました。
1000年近い歴史を持つ大聖堂と、その貴重な芸術作品の数々の将来が、危惧されています。

ステンドグラスシール ノートルダム大聖堂 1枚入り

火災は、フランスのカトリック教徒らが、イースター(復活祭)を控える中で、発生しました。
ノートルダム大聖堂から、炎と大量の煙が立ち上り、パリ市民や観光客らは、戦慄の表情を浮かべて、その様子を見守りました。

同大聖堂の広報担当者は、火災は、15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ発生し、炎により、屋根を支えていた、木製構造物が、破壊されていると語りました。
消防当局によると、火災は、同大聖堂で行われていた修復作業と「関連している可能性」があるといいます。

エマニュエル・グレゴワールパリ副市長は、尖塔は「内側に崩れ落ちた」と説明しています。
大聖堂は「甚大な損傷」を受けたとし、救援隊員らが「救い出せるすべての芸術作品を救う」ために奔走していると述べました。

パリ市警は、ツイッターで、住民に対して、周辺地域を避けて、救急車両に道をあけるよう、呼び掛けました。
パリのアンヌ・イダルゴ市長は、ツイッターで、「恐ろしい火災」と述べ、「パリ消防当局が鎮火を試みている」と投稿しました。

エマニュエル・マクロン仏大統領は、「ノートルダムを襲っている恐ろしい火災」のため、15日夜に予定していた、政策関連のテレビ演説を中止しました。

パリ市内では、セーヌ川に浮かぶシテ島に建てられたノートルダム大聖堂に向け、消防車が急行する様子が見られました。
川にかけられた橋では、数百人が、火災の様子を見ようと集まり、中には、スマートフォンで撮影している人もいました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


寺院に保管されている美術品等は、持ち出すことはできても、最大の作品である大聖堂そのものは、どうすることもできません。
ただ、焼け落ちるのを見守るのみです。

歴史的に、大変貴重な財産が失われてしまったことは、本当に、残念で、悲しいことです。

日本でも、ほとんどのお城やお寺が、火災の被害に遭い、再建されたものです。
文化財が、火災の被害に遭う事故というのは、ある程度、仕方のないこととして、割り切らなければならないのかもしれませんが。

劇団四季ミュージカル「ノートルダムの鐘」オリジナル・サウンドトラック
07:48 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.