⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年04月30日

天皇陛下退位、最後のお言葉

天皇陛下(明仁さま)は30日夕、皇居・宮殿松の間で、退位の国事行為「退位礼正殿(せいでん)の儀」に臨み、「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と、在位中最後の「おことば」を述べられました。

退位礼正殿の儀には、皇后さま、新天皇ご夫妻となる皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻をはじめ、成年皇族方のほか、安倍首相と閣僚、衆参両院正副議長、都道府県知事ら、約300人が参列しました。
安倍晋三首相が「深い敬愛と感謝の念をいま一度新たにする次第であります」と、国民代表の辞を述べたのに続き、陛下が、おことばを述べました。

天皇陛下は、現在、85歳です。
高齢に伴い、2016年8月に、退位の意向をにじませるビデオメッセージを公表し、17年6月、一代限りの退位を認める皇室典範の特例法が成立しました。
この法律に基づき、陛下は、30日をもって退位し、5月1日0時に、皇太子さまが新天皇に即位します。
1817年の光格天皇以来、202年ぶりに、天皇の逝去によらない代替わりが実現します。

退位した陛下は「上皇」、皇后さまは「上皇后」となり、一切の公務から退きます。
5月1日には、午前10時半から、三種の神器のうち、剣と勾玉などを受け継ぐ「剣璽等承継の儀」、11時10分から、即位された天皇が、初めておことばを述べられる「即位後朝見の儀」が行われますが、皇太子さまのご即位関連儀式に、「上皇」は出席されません。
当面は、現在の皇居のお住まいで暮らし、東京都港区の仮住まい先へ移る準備を進めます。

皇太子妃だった雅子さまが新皇后、秋篠宮さまが、皇太子待遇の「皇嗣(こうし)」となります。
皇位継承資格者は、上位順に、53歳の秋篠宮さま、12歳の悠仁さま、83歳の常陸宮さまの3人となります。

なお、天皇陛下のおことばの全文は、以下の通りです。

今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。
ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。
即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。
明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


とうとう、この日が、この瞬間が、来てしまいました。
何より驚いたのは、退位礼正殿の儀が、生中継されたことでした。

カメラOKなんだ!

基本的なことですが、そういうのは、撮影禁止だと思っていました。
退位礼正殿の儀に先立ち、午前に、譲位の旨をご先祖様に報告する「退位礼当日賢所大前の儀」という儀式がありまして、そちらは、撮影禁止で、陛下が、皇居・宮中三殿の賢所(かしこどころ)に入っていくところだけが、映像配信されました。

そんな感じをイメージしていたので、実際の退位礼正殿の儀は、私が思っていたのとは、大分違っていましたが、それほど仰々しいものではなく、かといって、当然、軽々しいものでは全くなく、儀式としては、いい感じだったのではないでしょうか。

皆さん、平成が終わるのを、寂しい寂しいとおっしゃるのですが、私は、う〜ん・・・。
30年は、決して、短い時間ではないので、感慨深い思いはありますが、寂しいという気持ちは、ちょっと違う気がしています。

世間が「休み」扱いになっていることもあり、気分はすっかり大晦日です。
年が変わった瞬間、「明けましておめでとう」と言いますが、そういう挨拶はないのですか?
「令和おめでとう」とか。
みんなでTwitterのサーバーを落としましょう(笑)。

※近年のTwitterのサーバーは、すっかり強固になりました。
「バルス」にも耐えられるんだから、元号が変わったくらいでは、びくともしませんよ、多分。
21:05 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.