⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年07月04日

五輪中、山手線終電90分延長

JR東日本は3日、東京五輪期間中の、来年7月24日から8月9日までの、輸送計画の検討状況を、明らかにしました。
競技が深夜に終わった際の移動手段を確保するため、終電を、山手線、東海道線などで1時間半程度、京浜東北線、中央線快速などで、30分から1時間程度、延長します。

JR・新幹線+宿泊セットプラン(楽天トラベル)

競技開催に伴い、利用増が見込まれる、横浜、京葉、川越の各線では、列車を増発します。

猛暑などのため、体調不良になった乗客への対応も、強化する方針です。
駅に、病院とつなぐテレビ電話を設置したり、会場の最寄り駅に、看護師を配置したりすることを、検討しています。
今年8月には、新国立競技場最寄りの千駄ケ谷、信濃町両駅で、看護師配置の実験をします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


いつもより遅くまで回っておりま〜す!

山手線が、いつもより90分遅くまで走っているというのは、大変なことです。
駅員等、関係者の皆様、ご苦労様です。
一方の中央線は、普段から、終電の時刻が、かなり遅い路線なので、延長するメリットは、あまりないのかもしれません。

いっそ、終夜運転にしてくれたら便利なのに、とも思いますが、お正月のように短期戦ではなく、2週間以上の長丁場となるオリンピック期間中ずっとというのは、さすがに無理でしょう。
電車の走っていない時間というのは、線路等の整備・点検のために、絶対に必要ですから。

そもそも、終電を延長しなければならないほどの深夜帯まで、競技を実施するというスケジューリングの方が、問題なんじゃないかと言いたいところですが、会場も日程も、何もかも、いっぱいいっぱいなんだろうなあ。

JR・新幹線+宿泊セットプラン(楽天トラベル)
08:17 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.