⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年07月07日

短冊の色には意味がある

7月7日は七夕です。
七夕の由来を知っていますか?

東京スカイツリープラネタリウム

七夕は、織姫と彦星の、逢瀬の物語が、元になっています。

機織りの才に長け、熱心に働く織姫と、こちらも、働き者の彦星が、恋をし、結婚しましたが、お互いを愛するあまり、一向に仕事をしなくなりました。
織姫の父である天帝は、これを見て、2人を引き離しましたが、年に一度だけ、7月7日の夜に、天の川を渡って、逢うことを許しました。

このような、中国の民間伝承です。

織姫が得意な機織りは、女性の手習いとして、とても重要なものでした。
そのため、織姫の願いが叶うこの日に、裁縫の上達を願う、乞巧奠(きこうでん)という祭りとなり、日本には、奈良時代に伝来しています。

日本での乞巧奠は、はじめは、宮中行事として行われ、祖霊に豊作を祈る祭り(現在のお盆)と一緒になりながら、徐々に、民間にも広がっていきました。

笹が登場したのは、江戸時代です。
笹は、成長が早く、季節を問わず、青々としているため、豊作を祈る象徴として、ピッタリだったのです。

このころ、大奥では、五色の短冊に、歌を書いて結びつける流行が生まれ、民間では、その短冊に、歌ではなく、願い事を書くようになり、現在のような、七夕の様子が出来上がりました。

五色は、「この世のものはすべて、木・火・土・金・水から成り立っている」という、中国の五行信仰からきたもので、中国の乞巧奠では、五行それぞれに結びつく色をした、五色の糸を用いていました。

日本の神社仏閣にも、それぞれ違った「ご利益」があります。
同じように、五行の木・火・土・金・水にも、それぞれに意味が配されています。

五行のうち、木を表す短冊は青(もしくは緑)で、伸びるものや、成長するものをあらわします。
そこで「子供の成長」や「昇進出世」の願いに最適です。

火は赤で、情熱や活力をあらわし、「恋愛成就」や「活躍の場が欲しい」といった願いに向いています。

土は黄色で、安定や維持をあらわし、「家内安全」の願いにピッタリです。

金は白で、勝負や洗練を表すので、「金運アップ」や「勝利祈願」を願う人が書くと良いでしょう。

水は黒(もしくは紫)で、柔軟さや清純さを表します。
「転職」「引っ越し」など、変化した安寧の願いに適しているとされます。

このように、見合った色の短冊に願い事を書けば、その効果アップが期待できます。

乞巧奠は、裁縫の上達を願ったことから転じて、習い事上達の祈願が、多くなされます。
この機に、自身のスキルアップを、星に願ってみるのも、いいかもしれません。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


短冊の色なんて、まったく気にしたことはありませんでしたが、そういえば、七夕の歌にも、ちゃんと「五色の短冊」という歌詞が入っています。

でも、街中で見かける七夕飾りの短冊は、絶対、五色じゃないです。
黒い短冊なんて、書いた文字が見えないし、黒って、何となく、縁起の悪そうなイメージじゃないですか?
誰も使わないでしょう。

ピンクやオレンジなどの、明るい色を、よく見かけるように思います。
多分、笹飾りを用意した、商店街の人や学校の先生たちも、よく分からないままにやっているのでしょう。
意味なんか知らなくても、楽しめれば、それでいいんです。
年中行事なんて、そんなものです。

コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City
タグ:五色 短冊 七夕
22:05 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.