⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年07月06日

五輪チケットの再抽選は数十万枚

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、東京五輪観戦チケットの1次抽選販売で、購入手続きを終えた総枚数について、322万枚だったことを、明らかにしました。
1次抽選で1枚もチケットが当たらなかった人を対象に、8月に行われる特別抽選「セカンドチャンス」については、数十万枚を用意することも、併せて発表しました。

総力取材 東京2020 オリンピック・パラリンピック完全ガイド [ 日本経済新聞社 ]

組織委によると、7月2日に購入手続きを締め切った、1次抽選の当選者は、9割以上が、支払いを済ませたといいます。
組織委は「音楽ライブやスポーツイベントなどの興行ではチケットは、2、3割ほどの当選者が支払いをしないことが通常のケース。それに比べると、今回は多くの方々が支払いを済ませた。感謝したい」と語りました。

観戦チケットは、開、閉会式や陸上、水泳、体操などの競技に加え、野球など「日本で人気のスポーツ」で、抽選倍率が高かったといいます。

組織委が行う特別抽選「セカンドチャンス」は、1次抽選で全て外れた人が多数に上ったため、救済措置として、実施を決めました。
申し込むことができるのは、1セッションのみです。

対象となるのは、1次抽選で売れ残ったチケットが大半で、競技・種目などの詳細は、月内に明らかにする方針ですが、大規模会場で行う競技の、予選などが中心となる見通しです。
抽選は、8月22日に予定する、パラリンピックのチケット申し込みの開始前に、終わらせます。

また、秋に予定する2次抽選は、インターネット上での先着順販売は、システムへの負荷が過大になる恐れが強まったため、これを中止して、抽選販売に切り替えます。
1次抽選と同様、国内在住の全ての人が、参加できます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「セカンドチャンス」の詳細が発表されました。
救済措置は、ぱっと見、粋な計らいのように感じますが、販売されるチケットは、「抽選倍率が1倍に満たなかったもの」だそうです。
1倍未満ということは、申し込んだ人が全員当選して、尚且つ、余りが発生する状態、つまり、売れなかったわけです。
五輪チケットも格差社会です。
全ての競技が注目されているわけではないということです。
セカンドチャンスは、買えなかった人の救済措置ではなく、売れなかったチケットをさばきたい、組織委自身のための救済措置だとか、結構、散々な言われ方をしています。
実際、1枚も当たらなかった人は、「とにかく何でもいいからチケットを売ってくれ」という心境になっているでしょうから、その飢餓感に付け込んで、普通の人が欲しがらない、不人気のチケットを処分してしまおうという魂胆が見え見えだと・・・。
うーん・・・。
果たして、セカンドチャンスは、利用した方がお得なのか、否か。
何だか、微妙な状況になってきたような気がします。

ルールと見どころ! オリンピック・パラリンピック全競技(全6巻) (0) [ 日本オリンピック・アカデミー ]
08:30 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.