⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年07月08日

脱走したロデオ猿「みわ」9日ぶり無事捕獲

京都府福知山市動物園(同市猪崎)から逃げ出したニホンザルの「みわ」が7日、行方不明から9日ぶりに、同市内で捕獲されました。
脱走前よりやせていますが、与えたバナナを食べるなど、元気にしています。

福知山市動物園

7日午前9時20分ごろ、同園から東へ約2.5キロ離れた、同市川北の畑で、サルがいるのを、農家の男性(78)が見つけ、福知山署に通報しました。
連絡を受けた市が、現場に捕獲用のおりを設置したところ、正午ごろ、おりに、みわがかかっているのが、見つかりました。

みわは、9歳の雄です。
生後1カ月で、動物園に引き取られ、イノシシの「ウリ坊」の背中にまたがった、ロデオ姿が、話題になりました。
6月28日に、飼育小屋から逃げ出しているのが見つかり、市が、捜索を続けていました。

二本松俊邦園長(74)は「帰ってきてくれてよかった。今までにないほどしょげていて、反省しているのだと思う。皆さんにご迷惑をお掛けして申し訳ない」と話しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


みわちゃん、おかえりなさい。
心配したよ。

脱走中は、市の職員が、毎日10人以上の態勢で捜索にあたっていたそうですが、「生きていて、動き回っている動物を探し当てるなんて無理」と、諦めムードだったそうです。

それよりも、「みわちゃん」って、男の子だったんですか?!
女の子っぽい名前だと思っていたんですけれども。

ちなみに、みわちゃんに乗っかられていた、相方のイノシシはというと、実は、「うり坊」というのが本名です。
幼児期のイノシシは、背中に斑点模様があり、それがウリに似ていることから、総称して「ウリ坊」と呼ばれます。
「ウリ坊」とは、本来、固有名称ではないのです。
ですが、福知山市動物園の"あの"イノシシは、「うり坊」と命名されました。
紛らわしい。

今では、1.5メートルの巨体に成長し、当然、斑点模様も無くなって、「ウリ坊」ではなくなった「うり坊」ですが、今も、みわといっしょのおりに入っていて、みわは今でも、うり坊の背中に飛び乗って遊んでいるそうです。

福知山市動物園
08:48 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.