⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年07月10日

羽生結弦が表紙の仙台観光ガイド「配布しないで」

仙台市が、6月下旬に、市内12カ所で、無料配布した、観光ガイドブック「仙台巡り」について、街頭での配布中止などを求める意見が、30件以上、市に寄せられていたことが、9日分かりました。
ガイドの表紙は、フィギュアスケート男子で五輪連覇した、市出身の羽生結弦選手(24)=ANA、宮城・東北高出=です。
ファンらが「転売されると選手に迷惑が掛かる」と懸念したとみられます。

YUZURU II 羽生結弦写真集

市によると、意見は、羽生選手のモニュメントデザイン発表式があった4月20日以降、メールや手紙で寄せられました。
内容は、街頭での無料配布ではなく、インターネット販売を求めるものが多かったです。

東京都内のファン32人の署名が添えられた要望書もあり、「商業施設で配るなど転売目的の人が簡単に入手できる方法は見直してほしい」との趣旨でした。

市は、ガイドを10万部発行し、6月29、30の両日、市内の百貨店などで、約1万部を配りました。
残りは、14日まで、市内のホテルや旅館で、宿泊客に贈呈します。

ガイドは、9日時点で、オークションサイト「ヤフオク!」などで、700〜3000円程度の値段が付けられて、出品されています。

郡和子市長は、9日の定例記者会見で「羽生選手を生んだ仙台を訪れてほしいとの思いで発行した。配らないという選択は想定しにくい」と説明しました。
市観光課の担当者も「税金で製作したガイド。販売はなじまないと考えた」と話します。

市は、15日以降、ガイドの電子版を、ネット上で公開します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


この問題は、大分前からありました。
確か、羽生選手が、最初の金メダルを獲った年にも。
まだ続けてたんですか、「結弦が表紙の観光ガイド」。
当時作ったものを増刷したのでしょうか。

ファン心理としては、気軽に現地(仙台)に行ける人は、そんなに多くはないので、欲しくても手に入らない、レア物です。
それが数千円で手に入るとなれば、買いますよ。
それが分かっているから、出品する人がいるのです。

転売されることで、選手にどう迷惑が掛かるのかという点は、意味が分かりませんが、ガイドが税金で作られているという点は、問題視すべきです。
市民としては、転売目的の不正者にお小遣いをあげるために税金を払っているんじゃないと、怒りたくもなる心境でしょう。

そうは言っても、欲しがっているファンが、誘惑に負けて、転売品につい手を出してしまうのをとがめるのは、かわいそうな気がします。

ネットで電子版を公開するというのは、いい方法かもしれないと思いました。
"ある程度は"効果が期待できるのではないでしょうか。
それでも、熱心なファンは、「現物が欲しい!」って言うと思いますけど。

蒼い炎2−飛翔編− [ 羽生結弦 ]
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.