⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年07月14日

涼しい7月プール客95%減大打撃

7月としては、記録的な低温が続いています。
異例の天候は、レジャー施設や、小売店などに、波紋を広げています。
東京都内の大規模プールでは、プール開きからの客足が低迷し、百貨店では、春夏衣料のバーゲンセールが不調です。
野菜の生育不良も危ぶまれています。

楽天市場で水着特集を見てみる

東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールでは、6月29日の、プール開きからの「序盤戦」が、大打撃を受けています。
この時期のプールは、土日のみの営業で、7月7日までの4営業日の利用者数は、わずか約900人でした。
前年の同時期の来場者数(約1万9000人)と比べると、95%減という散々な状況です。

例年は、プール開きが、テレビ番組などで、夏の風物詩として取り上げられますが、担当者によると、今年は1社も取材にこなかったといいます。
13日からの連日営業では、人魚にふんしたスタッフが、水鉄砲で来場者に放水する「マーメイドパレード」などの新企画で、巻き返しを図ります。

一方、百貨店では、6月末からの、春夏衣料のクリアランスセールが不調です。
大手百貨店担当者は「寒くて買う気も起きないようだ」と肩を落とします。
肌掛けなど、夏向け寝具や、水ようかんやゼリーなど、涼感が売りのスイーツも、売れ行きが鈍っています。
逆に、温かい大判焼きや、総菜売り場のグラタンなど、「温かいものがいまだに売れている」(関係者)といいます。

気温が1度違えば、売り上げが数%変わるといわれる、清涼飲料の売り上げも、減少しています。
キリンビバレッジの堀口英樹社長は「6月は厳しかった」と振り返ります。
同社の6月単月の販売実績は、前年同月比92%でした。

また、関東地方の電力需要も、昨年より減っています。
東京電力ホールディングスによると、7月の平日の日中の出力は、3000万キロワット台後半までがほとんどで、連日4000万キロワット台だった昨年よりも少ないです。
電力関係者は「特にオフィスでの空調に使われる電力が減っているのではないか」と話します。

日照不足や、長雨は、野菜の価格上昇や、出荷量の減少にも、つながっています。
青果卸売りの東京青果(東京都大田区)によると、キュウリやナスで値段が上がり、ピーマンやトマトは、出荷量が減りました。
今後は、野菜価格の急騰も考えられ、農家は、収穫時期をずらすなどの対応も、考えなければなりません。
東北では、水稲の冷害なども懸念され、農林水産省は「生育状況を注視していく」としています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


梅雨なので、気にしていませんでしたが、確かに、最近は、涼しいです。
クーラーを使わずに済んでいるので、助かっています。
私は、暑いのが苦手なので、涼しいと、嬉しさしかありませんが、世間様は、そういうわけにはいかないようです。

95%「減」は、さすがに、異常です。
95%ではなく、減った人数が95%ですから。
いつも100人いるはずのところに、5人しかいないってことですよ。
今日は俺の貸し切りだぜ、いぇ〜い!
いやいや、喜んでいる場合ではありません。
そりゃあ、この天気だと、プールに行こうという気にはなりませんが。

私のかかりつけ医が、現在、プール勤務をしているのですが、行ってみたら「今日はお休みです」と言われる日もあるそうです。
気温・水温が既定の数値を満たさず、営業できないのだそうです。
客が来ない以前の問題です。

ただ、関東地方の梅雨明けは、例年並み(7月21日頃)との予測なので、その後は・・・もごもごもご・・・。
※想像したくない現実を前にして、明言を避けております心中をお察しいただければ幸いです

暑さ対策は暑くなる前にやらないとダメ(楽天市場)
23:10 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.