⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年07月30日

あずきバー&ハーゲンダッツ硬すぎ問題

アイスのおいしい季節になりましたが、硬すぎて、スプーンが折れるなど、食べるのに苦労するものもあります。
特に硬いことで有名な「あずきバー」と「ハーゲンダッツ」について、おいしく食べるコツを、メーカー担当者に聞きます。

おかしなかき氷 井村屋 あずきバー かき氷機

「あずきバー」は、井村屋が製造する棒アイスです。
あずきバーが硬いのは、食感をやわらかくする、添加物や乳製品を使用していないからです。
そうした意味で、体に優しいアイスです。
空気をほとんど含まずに凍らせていることも、硬い要因の一つです。
発売当初から現在まで、甘さの加減など、微妙な違いはありますが、基本的な作り方や材料は、変わっていません。
なお、添加物などを入れない結果として、硬くなったのであって、硬さを売りにしているわけではありません。

特別な保存方法があるわけではなく、基本的には、冷凍庫で、普通に保存します。
安定剤などの添加物を使用していないため、冷凍庫から出したばかりのときは硬いですが、溶け始めるのは早いです。

お勧めの食べ方は

(1)冷凍庫から出して常温で1分ほど置いてから食べる
(2)冷凍庫から出して電子レンジの弱いワットで数秒温めて食べる
(3)冷凍庫から出して電子レンジでしっかり温めて、ぜんざいにして食べる
(4)ホットミルクに浸して「あずきミルク」にして食べる

です。

続いて、「ハーゲンダッツ」です。
硬さの理由は、アイスクリームの中に含まれる空気の量を、約20〜30%に低く抑えているためです。
その結果、密度が高く、冷凍庫から出したばかりのときは、硬いのです。

常温に少し置くか、冷蔵庫に入れて、1時間ほど待った後に食べるのが、お勧めです。
冷蔵庫に入れると、ふんわりとした食感が楽しめます。

では、あずきバーとハーゲンダッツは、果たして、どちらが硬いのでしょうか。
両社とも、「比べたことはない」との回答でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ハーゲンダッツは、あまり食べないので、なじみがないのですが、あずきバーは、確かに硬いです。
食べるのに、本当に苦労します。

どうやら、少しとけて、やわらかくなるのを待ってから食べるのが正解のようですが、そんなに待てないんだよ。
今すぐ食べたいんだよ!
食べているうちに、少しずつやわらかくなっていくから、それでいいんじゃないかな。

あずきバーをぜんざいにするというのは、聞いたことがあります。
とかしたあずきバーを、もう一度かためたら、あずきバーに戻るのかと、メーカーに問い合わせてみたら、「残念ながら、二度と元には戻りません」という、夢も希望も粉々に打ち砕かれる回答だったとのことです。

「空気が少ない」という、特殊な製法で固めているから、冷凍庫で普通に凍らせただけでは、あずきバーは作れないのですね。
とてもシンプルに見えるあずきバーですが、なかなか、奥が深いです。

お中元 ハーゲンダッツ アイスクリーム ギフト セット10個
11:07 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.