⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年08月01日

セブンペイ9月末廃止決定

セブン&アイ・ホールディングスは1日、7月1日のサービス開始直後から、不正アクセスが相次いだ、スマートフォン向け決済「セブンペイ」を、9月末で廃止すると、発表しました。
十分な安全対策を講じるのに、時間がかかるため、利用者の不安を解消して、サービスを続けるのは難しいと判断しました。
開始から、わずか1か月で、サービスの終了を決めるという、異例の事態となりました。

クレジットカード選ぶなら楽天カード!

セブン&アイの後藤克弘副社長は1日、東京都内で記者会見し、「信頼して使用いただいたお客様に重ねておわび申し上げる」と陳謝しました。
廃止について「サービスを抜本的に再開するには相応の期間がかかる」と説明しました。

不正アクセスについては、過去に流出した、会員の別サービスのIDやパスワードが悪用された、「リスト型攻撃」を受けた可能性が高いと、結論づけました。
不正利用の被害は、7月31日時点で808人、被害額は、約3860万円に上ります。
同社は、被害者に、全額を補償する方針を、改めて示しました。

スマホ決済では、基本的な安全対策となる、ショートメッセージサービスを使った「2段階認証」の仕組みを導入していれば、防げた可能性が高いとみられ、後藤氏は「開発段階から検討が十分でなかった」と、初めて、不備を認めました。

今後のスマホ向け決済サービスへの対応について、後藤氏は「次はしっかり準備してチャレンジしたい」と述べました。
ただ、具体的な時期などは、白紙としました。

セブンペイは、7月4日以降、新規の入金が中止され、残高の範囲内で、買い物に利用できるだけです。
約150万人に上る会員は、9月末までは、サービスを利用できますが、未使用となった残高は、順次、払い戻すとしています。

同社は、7月30日、セブンペイの不正アクセス問題に伴って、ネットサービスなどを利用する際に必要となる、共通ID「セブンID」の、全会員約1650万人分のパスワードを、強制的にリセットしました。
同IDや、自社で展開する電子マネー「nanaco(ナナコ)」については、サービスを継続するとしています。
消費税率引き上げに伴うポイント還元制度については、セブンペイの運営会社は、登録を辞退しました。
ただ、ナナコでは、還元を受けられる見通しです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


当然の結果だと思います。

むしろ、最初に不正アクセスが発覚した時点で、このシステムは、維持できないだろうと思いましたが、セブン側の対応が、新規登録を中止した"だけ"だったので、「え?まだやる気なの?」と、驚いたものです。

とはいえ、セブンペイがダメダメなのは、もう、どうしようもないとして、一から作り直して再挑戦というのは、現在の社会情勢から考えて、これもまた、必然でしょう。

スマホによる電子決済は、絶対に、必要なものです。
コンビニ最大手のセブンが、やらないという選択肢は、あり得ません。
セブンが、本音の部分では、どう考えているのか分かりませんが、こんな事態になってしまって、面倒だし、もう、電子決済からは手を引きたいと思ったとしても、そういうわけにはいかないのです。
その辺は、立場上、辛いところかもしれません。

クレジットカード選ぶなら楽天カード!
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.