⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年09月18日

アマゾンが宅配ロッカーに参入

Amazonが、新たな商品受け取りサービス「Amazon Hub」を開始します。
セルフサービスのロッカー「Amazon Hub ロッカー」と、対面で荷物を受け取れる「Amazon Hub カウンター」を展開し、受け取りの選択肢を拡大します。
東京と神奈川で、9月中に、数十箇所のAmazon Hubを展開し、年末までに、200カ所に拡大します。
2020年以降、全国に拡大します。

楽天市場で宅配ボックスを見てみる

Amazon Hub ロッカーでは、24時間、受け取りが可能で、当日お急ぎ便などに対応します。
セルフサービスで、配達物を、いつでも取り出せます。
Amazon Hub カウンターは、店舗などを受取拠点にできるもので、店舗に行くついでに、荷物を受け取れます。

Amazonの再配達削減などのために、パートナー各社と協力しました。
Amazon Hub ロッカーは、ファミリーマートや、小田急電鉄、富士シティオ、東京海上日動、昭和女子大学が展開します。
Amazon Hub カウンターは、荷物預かりの「Ecbo」、マッサージの「りらく」、大学生生協事業連合が導入します。
今後、中小事業者を含めて、対応拠点を増やしていきます。

Amazon Hub ロッカーの利用者は、Amazonの注文時に、配送先として、希望のロッカーを指定します。
Amazonから、商品が発送され、配達が完了すると、受け取り準備完了の通知メールが送信されます。
受け取りバーコードを、ロッカーのスキャナーでスキャンすると、ロッカーが開き、荷物を受け取れます。
ロッカーの保管期間は、3日間です。

ロッカーには、固有の名前がつけられており、判別しやすくなっています。
今回、披露されたロッカーの名前は「サンマ」でした。
また、マップから、ロッカーを設置している拠点を、確認することができます。

Amazon Hubカウンターは、普段、利用者が使っている店舗で、Amazonからの荷物の受け取りを可能にするものです。
店舗スタッフが、受け取りバーコードをスキャンして、利用者に引き渡します。
保管期限は、14日以内です。

荷物預かりの「ecbo clock」加盟店や、マッサージの「りらくる」などと連携し、店舗への送客増加も、Amazon Hubカウンターの狙いの一つです。

なお、HubロッカーとHubカウンターへの配送は、デリバリープロバイダーが行います。

アマゾンジャパン オペレーション部門責任者のジェフ・ハヤシダ社長は、当日お急ぎ便などの配達サービス強化への取り組みや、最近強化している、玄関などに荷物をおいて配達完了とする「置き配」について、説明しました。

置き配は、27都道府県に拡大し、さらに、多治見市では、置き配を標準の配達方法にする実証実験を展開しています。
こうした配達改善の一環として、Amazon Hubロッカー/カウンターを紹介し、「荷物の再配達の解決は、社会的な大きな課題。Hubにより再配達を軽減し、ユーザーの利便性の向上とドライバーの支援を目指す」としました。

Amazon Hubロッカーのメリットとしては、
「在宅する必要がない」
「家の外で受け取れる」
「お急ぎ便が使える」
の3点を強調しました。
家の外で受け取れるため、家族へのサプライズプレゼントなどにも使えるとしました。

なお、現時点で、Amazon Hubロッカーが対応しているのは、商品の「受け取り」のみです。
海外では、商品の返品も受け付けていますが、返品も含め、将来的な機能拡充を検討していきます。

今回のロッカーは、米国などで展開しているものと同じ(カラーはオレンジからブルーになりました)です。
サイズもかなり大きく、設置できる場所が限られそうですが、サイズの問題も「いろいろ検討していく」としました。
また、Amazon以外の事業者へのロッカーの開放についても、検討課題の一つです。

ファミリーマートは、2019年度内に、約50店舗で、Amazon Hub ロッカーを導入します。
利用者が、待つこと無く、受け取りができるほか、オペレーションの効率化や、利用客の拡大を狙います。
ファミリーマートの澤田貴司社長は、「ファミリーマートの宅配物の約8割がAmazonのもの。多い店では1日40-50個になる。店員の負担とともに、店舗への集客についても期待している」としました。
また、店舗内の保管スペース確保という点でも、専用ロッカーの導入は、重要といいます。

小田急電鉄は、小田急線駅構内や、駐輪・駐車場スペースに、Amazon Hubロッカーを設置します。
第1期として、9月に6カ所、第2期として、年内に4カ所、設置します。
第1期は、下北沢駅、経堂駅、祖師ヶ谷大蔵駅、成城学園前駅、生田駅、読売ランド前駅です。
第2期は、世田谷代田駅、小田急梅ヶ丘第1駐車場、オダクル豪徳寺第3(駐輪場)、オダクル千歳船橋第1(駐輪場)です。

富士シティオは、9月末までに、Amazon Hub ロッカーを、5店舗(Fuji 用賀店、Fuji 稲田堤店、Fuji 馬場店、Fuji 横浜南店、Fuji 鳥山店)に展開します。
10月以降も、順次、設置店舗を増やしていきます。

ロッカーの費用は、Amazonが負担します。
Amazonは、2019年中に、東京と神奈川を中心に、Amazon Hub ロッカー/カウンターを、各100カ所、合計200カ所に設置します。
2020年以降、全国展開を目指します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


コンビニには、荷物を一時的に保管する場所が確保できずに、困っている店舗もあるそうです。
そういうお店は、ロッカーができてくれるとありがたいと言っていますが、段ボール箱を置く場所すらないお店にロッカーを設置するスペースの余裕があるのでしょうか。

まあ、ロッカーは施錠されていて、置き引きの心配はなさそうなので、最悪、店の外に設置しても、問題はないと思いますが。

あと、こういうサービスは、受取拠点がどれだけたくさんあるか、という点も、便利に使えるサービスとして重要なので、早く広まってほしいところです。

楽天市場で宅配ボックスを見てみる
11:12 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.