⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年10月09日

吉野彰氏がノーベル化学賞受賞、リチウムイオン電池を開発

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した、旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)ら3氏に授与すると、発表しました。
小型で高性能の充電池として、携帯型の電子機器を急速に普及させ、IT(情報技術)社会の発展に、大きく貢献した功績が、評価されました。

リチウムイオン電池物語 : 日本の技術が世界でブレイク【電子書籍】[ 吉野彰 ]

他の受賞者は、米テキサス大教授のジョン・グッドイナフ氏(97)、米ニューヨーク州立大ビンガムトン校特別教授のスタンリー・ウィッティンガム氏(77)です。

日本のノーベル賞受賞は、2年連続で、17年に文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏を除き、計27人となりました。
化学賞は、10年の2氏に続き、8人目です。

吉野氏は、ビデオカメラなど、持ち運べる電子機器が普及し、高性能の電池が求められていた昭和58(1983)年に、リチウムイオン電池の原型を、開発しました。
ノーベル化学賞を受賞した、白川英樹筑波大名誉教授が発見した、電導性プラスチックのポリアセチレンを、負極の材料に使い、これに、グッドイナフ氏が開発した、コバルト酸リチウムの正極を組み合わせて、作りました。

その後、負極の材料を、炭素繊維に変更することで、小型軽量化し、電圧を4ボルト以上に高める技術も、開発しました。
同じ原理で、平成3年に、ソニーが、世界で初めて、リチウムイオン電池を商品化しました。

ウィッティンガム氏は、1970年代初め、世界で初めて、電極材料に、リチウムを用いた電池を開発しました。

繰り返し充電できる電池は、ニッケル・カドミウム電池などが、既にありましたが、性能を飛躍的に高めたリチウムイオン電池の登場で、携帯電話や、ノートパソコンなどが、一気に普及しました。
リチウムイオン電池は、スマートフォンなど、高機能の電子機器を持ち歩く「モバイル(可動性)社会」の実現に、大きな役割を果たしました。

近年は、電気自動車や人工衛星などにも、用途が拡大しています。
再生可能エネルギーを、有効に利用する手段としても、期待されています。

授賞式は、12月10日に、ストックホルムで行われ、賞金計900万スウェーデンクローナ(約9700万円)が、3等分で贈られます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


おめでとうございます。
何年前の功績ですか?!
グッドイナフ氏なんか、97歳ですよ?!
生きているうちに受賞できて、よかったですね、本当に。
賞をいただくのは嬉しいことですが、もう少し早く評価していただけると、ありがたいです。

リチウムイオン電池が未来を拓く 発明者・吉野彰が語る開発秘話 (エレクトロニクス) [ 吉野 彰 ]
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.