⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年10月31日

首里城で火災、正殿・北殿など6棟が全焼

31日未明、沖縄県那覇市の首里城正殿で、火災が発生しました。
那覇市消防局は午前8時、正殿と北殿、南殿、書院・鎖之間(さすのま)、黄金御殿、二階殿の6棟が全焼したと発表しました。
奉神門へも延焼しかけています。
全体的に、火の勢いは収まってきていますが、鎮圧には至っていません。

首里城公園

31日午前2時41分、首里城の警備員から、那覇市消防に、通報がありました。
焼損面積は約4200平方メートルに上ります。
近隣の7消防本部からの応援も含めて、計30台、約100人の人員で、消火に当たっています。

那覇市消防中央署によると、現場に最も早く到着した消防隊員は、正殿に向かって左の方から、屋根の高さまで上る炎を確認しました。
火の回りは、正殿から北殿に燃え移り、その後、正殿から南殿へ延焼したとみられます。

那覇市は、防災無線や広報車両などを使い、首里城で火災が発生していることや、火の粉が遠くまで飛ぶ恐れがあることから、窓を閉めることなど、警戒を呼び掛けています。
また、首里城周辺は、規制線が張られ、交通規制も行われており、県警が、周辺一帯の住民に対して、避難するよう呼び掛けています。
那覇市は、城南小学校と首里公民館、石嶺公民館に避難所を設置しました。
石嶺公民館に、3人が避難しています。

首里城周辺には、午前4時半現在、爆発音のような音が響き、火災元とみられる正殿が激しく燃え、煙が上がっています。
1キロ以上離れた那覇市繁多川にも、火の粉が飛んできており、影響が、広範囲に広がっています。

首里城は、1429年から1879年までの約450年間、琉球王国の中心的な城で、政治と文化の中心でした。
首里城正殿は、1925年に「沖縄神社拝殿」として、国宝に指定されましたが、1945年の沖縄戦で焼失しました。
戦後、跡地は琉球大学のキャンパスになりましたが、大学移転後に復元事業が行われ、1992年に、本土復帰20周年を記念して、国営公園として、復元されました。

2000年12月には、首里城跡が「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、日本で11番目の世界遺産に登録されました。
同年には「九州・沖縄サミット」の社交夕食会が開かれました。
現在では、沖縄を代表する観光地として、国内外から、多くの観光客が訪れています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


木造とはいえ、こんなにも、あっという間に燃え尽きてしまうものなのでしょうか。
何が起こったのか分からない、というのが、正直な感想です。
周辺の民家への影響が心配です。

元々、戦後に復元された建物なので、何百年も前からの歴史的遺産が失われた、というわけではなく、もう一度、復元することも可能なのでしょうけれども、それにしても、残酷な現実です。

首里城公園
11:00 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.