⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年10月28日

アップルストアでトロイの木馬型iOSアプリが多数発見される

企業のモバイルエンドポイント向けのモバイルセキュリティソリューションを開発するWanderaが、App Storeで、クリッカートロイの木馬マルウェアに感染している、17個のアプリを発見したと発表しました。

ノートン モバイルセキュリティ 2年版

これらのアプリは、バックグラウンドで広告詐欺に関連するタスクを実行するように設計されており、全て、インドに本拠を置くAppAspect Technologiesが提供するアプリでした。

コマンド&コントロール(C&C)サーバを使用して、ターゲット広告をトリガーする可能性のあるコマンドを、感染アプリに送信し、Webサイトのサイレントロード、および、デバイスでのリモート再構成を行う仕組みだと、説明しています。

例えば、感染したアプリのインストール後に、高価なコンテンツサービスを、不正にサブスクライブさせられたユーザーが出たといいます。

この件に関して、Help Net Securityが、Appleに問い合わせたところ、広告の人為的なクリックスルー(ガイドライン違反)を許可するコードがあったため、18個のアプリを削除し、これらのタイプのアプリを審査する上で対処するため、検出するツールを更新したとのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「"アップル"はウイルスの心配がないから安全」というのは、PCの話です。
iPhoneに関しては、ウイルスは、ごろごろ転がっています。
そもそも、スマホは、PCと比べて、セキュリティが、まだまだ甘いですし、ウイルスに対するユーザーの意識も低く、セキュリティソフトの導入も、あまり進んでいません。
ウイルス対策は、自己責任です。
気を付けましょう。

Android スマホ タブレット セキュリティソフト イカロスモバイルセキュリティ 1台 1年版
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.