⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年10月30日

セブンイレブンが期限間近の弁当を5%引き

セブン−イレブン・ジャパンは30日、食品ロスを削減するため、販売期限が迫った弁当などを、実質値引きする実験を、北海道と四国のコンビニエンスストアで始めました。
定価で販売し、購入者に5%のポイントを還元します。
年末まで実験し、検証結果を踏まえ、来春の全国展開を目指します。

日用品の購入は楽天24

食品の廃棄費用は、加盟店の収益を圧迫してきました。
また、食品ロス削減への協力を、企業に求めた法律が、今月施行されたこともあり、値引き販売で、廃棄を抑制する構えです。

セブンは年内、北海道と四国に、計1300超ある店舗で、販売期限まで、残り3〜5時間となった、弁当やおにぎり、サンドイッチなどを、値引きします。
専用シールを貼って、通常商品と区別し、同社の電子マネー「nanaco(ナナコ)」利用者に、税抜き価格の5%分のポイントを、付与します。

徳島県庁であいさつした古屋一樹会長は「これからも愛されるブランドであるため、日本が抱える社会問題に取り組む」と語りました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


値引き販売、ダメ、絶対。
売れなくて廃棄した費用は店側の負担。
と言っていたセブンイレブンが、これは、大きな進歩です。
・・・と、思っていることでしょう、セブンの偉い人たちは。
でも、実際は、見切り品セールは、スーパーなら、2割、3割引きは当たり前、場合によっては、5割引きも珍しくないというのに、「たった」5%?消費者をバカにしてるの?と、むしろ、ブーイングの嵐が吹きまくっております。
世の中、そんなに甘くはないのです。

日用品の購入は楽天24
21:09 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.