⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年10月31日

上野動物園内を走る日本初のモノレールが運行休止に

東京都交通局が運営する、上野動物園モノレール(上野懸垂線)が、2019年10月31日(木)の夕方をもって、運転を休止しました。
車両(40形)の経年劣化にともなうもので、西園駅を17時頃に発車した最終列車に合わせて、見送りなどのイベントが、開催されました。

東京都恩賜上野動物園

この路線は、道路混雑が深刻化するなか、「将来の新しい都市交通機関」の実証実験として、1957(昭和32)年12月17日に開業した、日本初のモノレールです。
動物園の遊戯施設ではなく、鉄道事業法に基づく交通機関として、上野動物園の、東園と西園のあいだの、0.3kmを結んでいます。

「お子様の、モノレールに乗って楽しかったという声が、とても心に残っています。今年1月に休止を発表してから、多くのお客様にご乗車いただき、別れを惜しむ多くのメッセージをいただきました」(上野動物園モノレール 永田一秀駅長)

最終列車には、抽選で当たった、50名が乗車しました。
2000名の応募があり、40倍という競争率でした。
また、11月1日(金)から24日(日)まで、東園駅で、40形を展示する予定です。

このたび、ラストランを迎えた40形車両は、上野動物園モノレールの4代目として、2001(平成13)年に登場しました。
1編成2両のみの存在で、予備の車両はありません。

運営する東京都交通局では、その経年劣化にあたり、車両の更新などについて、検討を重ねてきました。
しかし、実験的に生まれた路線を走る、国内唯一の特殊な車両で、製造に3年程度を要すること、車両以外にも、電気関係の設備などについて、大規模更新が必要であること、合わせて、上野動物園全体で、魅力向上に取り組んでいく必要があることから、このたびの"休止"に至りました。
今後については、都民の意見を聞くなどしながら、検討していきます。

なお、車両の更新には、18億円(8%税込)が必要という見積もりが、車両メーカーから出されています。
40形導入時の、4倍以上の額です。

上野動物園モノレールの運賃は、大人150円、子ども80円で、利用者は、1日平均およそ3700人(2018年度)です。
東京都交通局が公表している、2017年度決算の概要によると、経常損益は、2400万円の黒字でした。

モノレール休止後の東園と西園のあいだには、無料の連絡バスが運転されます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


私は、3年くらい前に上野動物園に行ったのですが、その時に、このモノレールを見ました。

移動手段として考えると、こんなアホな乗り物はありません。
駅舎までの上り下り、列車の待ち時間、運賃等々、諸々考慮すると、絶対に、歩いた方が速いです。
何故、こんな無意味なものが存在しているのでしょうか。

ですが、これは、単純な移動手段ではないと、考えるに至りました。
アトラクションとしてなら、十分に楽しめそうです。
そう思うと、せっかく目の前まで行ったのに、なんで記念に乗ってみなかったんだと、後悔しました。
もう、乗れなくなるのに。
(さすがに3年前には、運行休止の話は、まだ出ていませんでしたが)

休日は、待ち行列ができるほどの人気らしいので、復活を望む声は大きいと思いますが、休止の理由が、金銭的な問題となると、復活は難しそうです。

東京都恩賜上野動物園
20:33 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.