⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年11月05日

業界の「イートイン脱税」対策

消費増税から、1カ月がたちました。

コンビニなどのイートインコーナーを利用する際には、本来なら、10%が課税されますが、「持ち帰り」と言って、8%の税率で購入しておきながら、実際は、イートインコーナーを利用して、2%分の税率を逃れる「イートイン脱税」が、問題になっています。

日用品の購入は楽天24

これに対し、コンビニ業界が、新たな対策に乗り出しました。

業界団体の、日本フランチャイズチェーン協会に加盟するコンビニ8社は、これまで、ポスターでの周知を行ってきましたが、「イートイン脱税」が問題化していることを受けて、店内放送で、申告を促す対策を、新たに実施することを決めました。

また、大手コーヒーチェーンの「ドトールコーヒー」では、店内で、持ち帰り用の紙コップを使用したい客に対し、「イートイン」と書かれたシールを貼るなどの対策をしていて、各社、対応を迫られています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ポスターだと、見逃してしまう人もいるから、店内放送の方が分かりやすいだろう、気付いてもらえるだろう、という考えでしょうか。

無駄だと思いますよ。
だって、やっている人は、確信犯ですから。
知らなかったとか、気付かなかったというわけではなく、分かっているけど、あえて申告しないのです。

逆にすればいいんです。
現状は、基本的に、持ち帰り扱いで8%、店内食と申告した場合のみ、10%課税されるというルールですが、デフォルトを10%にして、「持ち帰ります」と申告した場合だけ、8%にする、という対応にすれば、みんなきちんと申告するし、自分で「持ち帰る」と宣言した以上、言ったことに反してイートインコーナーを使うのは、気が咎めるんじゃないですか?
明らかに、ウソをついているわけですから。

日用品の購入は楽天24
20:14 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.