⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年11月10日

天皇陛下の即位パレード、沿道に11万9000人

天皇陛下の即位を披露するパレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」が、10日午後3時ごろから、皇居・宮殿から赤坂御所(東京都港区)までの、約4.6キロのコースで、行われました。
天皇、皇后両陛下は、オープンカーに乗られ、令和初のパレードに集まった、大勢の人々の祝意に、笑顔で手を振って応えました。

東京の観光名所をはとバスで巡る

両陛下は、宮殿の南車寄せで、政府が新規に調達した、トヨタ自動車のハイブリッドセダン「センチュリー」を改造したオープンカーに乗られました。
天皇陛下は、えんび服に、国内最高位の勲章「大勲位菊花章頸飾(だいくんいきっかしょうけいしょく)」を着用、皇后さまは、正装の白いロングドレス「ローブデコルテ」に、ティアラ(宝冠)と勲章を着用されました。
洋装として、最高の装いです。

宮内庁楽部指揮者の北原幸男さんが、即位を祝って新たに作曲した行進曲「令和」の演奏と、宮内庁と皇宮警察の職員約600人に送られて、車列が出発しました。

車列は、警視庁の白バイが先導します。
両陛下の乗られたオープンカーは、安倍晋三首相らに続き、7台目で、後方には、秋篠宮ご夫妻らが乗った車が続きます。
計46台、長さは、約400メートルに及びます。

二重橋を渡って、皇居を出ると、陸上自衛隊の儀仗(ぎじょう)隊が、銃を使った敬礼の「ささげ銃(つつ)」を行いました。

車列は、二重橋前の交差点を右折後、警視庁のある桜田門、国会議事堂の正門前、国立国会図書館前、赤坂見附、青山通りを通り、青山一丁目を右折する、約4.6キロのコースを、時速約10キロで、ゆっくりと走り、午後3時半ごろ、両陛下の住まいである、赤坂御所に到着しました。

沿道では、自衛隊や警視庁、東京消防庁などの音楽隊が、両陛下の結婚を記念して團伊玖磨さんが作曲した「新・祝典行進曲」を演奏しました。

パレードに合わせて、警視庁は、周辺を大規模に交通規制し、沿道では、金属探知機を使用して、手荷物検査や、ボディーチェックが行われました。
テロや事故の警戒に当たるため、約2万6000人の警察官が動員されました。

政府の皇位継承式典事務局の発表によると、沿道の奉祝者数は、約11万9000人でした。
なお、平成2年11月に行われた、前回パレード時は、約11万7000人でした。

祝賀御列の儀は、天皇陛下が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」の後に、広く国民に即位を披露し祝福を受ける目的で、平成時から始まりました。
即位礼正殿の儀が行われた、10月22日に予定されていましたが、台風19号の甚大な被害を考慮して、延期されていました。
日没時間が早まるため、出発時刻は、30分早まりました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


とりあえず、雨が降らなくてよかったです、とまとめておきます。

雲一つない青空!
本当に、パレード日和の、いいお天気でした。
延期してよかったね。
天気が悪いから延期になったわけじゃないですが。

天皇皇后両陛下は、にこやかで、華やかで、素敵なパレードでした。

東京の観光名所をはとバスで巡る
18:49 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.